NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

CRAFT

その土地を代表する伝統工芸や、地域に根付く芸術・文化。
歴史や文化的な背景があり、その土地らしさを広く全国に知ってもらうきっかけとなっているもの。

  • 因幡環境整備株式会社

    ふるさと・鳥取の自然を守るため、環境保全に関わる仕事をしているのが、「因旛環境整備」。家庭ごみの収集や道路の清掃、プラスチックゴミのリサイクル活動など、街の美化と循環型生活の実現に取り組んでいる。
    鳥取県鳥取市用瀬町美成323番地1
    URL http://www.inaba-kankyo.co.jp/index.html
  • 県立四万十高校のWZF(若武者絶対増やす実行委員会)

    高知県立四万十高校には県立高校なのに、珍しい名前の学生自主活動組織がある。その名も、「WZF(若武者絶対増やす実行委員会)」ここで言う「若武者」とは、“環境問題について考え、解決に向けて取り組む人”のこと。四万十川の抱える環境問題を少しでも解決する人材を育てることを目標にしている。
    高知県高岡郡四万十町大正590-1
    URL http://www.kochinet.ed.jp/shimanto-h/
  • 環境先進企業との協働の森づくり事業

    県土のじつに84%が森林に覆われている高知県。面積に対する森林の割合を示す森林率では日本一だ。しかし林業の衰退とともに手入れが行き届かなくなった人工林が増加。そんな高知の森を復活させようというのが、この「協働の森」プロジェクト。県と市町村が連携し、県内外から数十に上る企業や団体とパートナー協定を結んで、森林整備の活動をおこなっている。
    高知県高知市丸の内1-7-52
    URL https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030101/kyoudounomori.html
  • 大和エネルギー株式会社

    地球環境や企業活動の未来を、エネルギーで支える大和エネルギー株式会社。“風のまち”伊方町の「せと風の丘パーク」に林立する9基の風車はすべて大和エネルギーが運営している。この9基の風車だけで、一般家庭約6500世帯分の年間消費電力に相当しており、クリーンエネルギーを使った取り組みを行っている。
    愛媛県西宇和島郡伊方町志津字水本903-2
    URL http://www.daiwa-energy.com/
  • LEDバレイ構想

    徳島が世界一の生産拠点である省エネ・長寿命が魅力のLED電球。「LED王国」だけあって、徳島のLEDの世界シェアは約25%にもなる。そこで徳島では、さらに世界をリードする一大拠点となるべく、産・学・官・民が連携し、光関連企業の工場や研究所などの集積、高度技術者の育成、先端的技術の研究開発をおこなえる拠点の整備などを目指した「LEDバレイ構想」を進行している。
    徳島県阿南市上中町岡491
    URL https://www.pref.tokushima.lg.jp/
  • TOTO株式会社

    TOTOは、1917年、東洋陶器株式会社として福岡に誕生。”日本人の生活文化を向上させたい”、”健康で文化的な生活を提供したい”という信念のもと、日本や中国に古来伝わる磁器の技術を広く知らしめるためにも研究を重ね、レストルーム商品、バス・キッチン・洗面商品などの製造を行っている。
    福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
    URL http://www.toto.co.jp/
  • 安田ガラス工房 安田公子

    安田氏は、大阪切子の最後の職人といわれていた高橋太久美氏に本格的に10年間弟子入りし、2017年に独立した切子職人。びっしりとカットを入れた切子を好み、そしてそれらすべてを自らの手で磨き上げていく。個展 安田公子切子展を開催、ガラスの現者展(グループ展)に参加。 また大阪市立クラフトパーク講師、切子ガラス工芸研究所たくみ工房講師を務める。第17回新美工芸会展 大阪市市長賞、など数々の賞を受賞している。
    大阪市生野区勝山南1-2-33
    URL https://kiriko-takumi.com
  • 竹工芸家・四代田辺竹雲斎さん

    世界的に注目を浴びている竹工芸家。作品は大英博物館、ボストン美術館、フィラデルフィア美術館といった世界の名だたる美術館に収蔵されている。また海外の著名なギャラリーと契約し、新作を精力的に発表し続けている。代表作であるインスタレーション作品の数々は、圧倒的なスケールと竹が密に編み重なる繊細さで、見る者に息をのませる。
     
    URL http://chikuunsai.com/
  • 大阪日本民芸館

    日本万国博覧会(1970年)の際に、日本民藝館(東京・駒場)が「暮らしの中でつちかわれてきた工芸品の実用性に即したうつくしさを見てもらおう」と、国内展示館「日本民芸館」を出展したのを引き継ぎ、オープンしたのが大阪日本民芸館。国内外の陶磁器や染織品など、各地の優れた工芸品を展示している。大阪府吹田市の万博記念公園内にある。
    大阪府吹田市千里万博公園10-5
    URL https://mingeikan-osaka.or.jp/
  • 森本刃物製作所・森本光一さん

    昔ながらの分業が残る堺で研ぎ工程を専門に営む刃付け工房「森本刃物製作所」の代表。研磨の伝統工芸士。堺の刃物づくりは、鍛冶=鍛造と、刃付=研磨の両部門が完全に分業しているのが特色。この道60年以上のベテランで、鍛冶職人一人ひとりの癖を見抜き一切の歪みがなく、鋭い切れ味に仕上げるのが信条としている。
    堺市堺区南庄町1丁2-22
    URL http://www.morimotohamono.com/
  • 槌工房・藤嵜一正さん

    2011年、大阪府指定無形文化財 木工芸保持者 工芸第1号に認定される。日常に用いる作品に美しさを兼ね備えた「用の美」の追求をはじめ、大阪工芸展(87年)で知事特別賞受賞などの受賞歴を持つ。後進を育てる目的で2014年に「槌工房」を主宰し、木漆工芸作家の育成に努めている。
    大阪市中央区南船場1丁目4ー11
    URL http://kazumasafujisaki.com/
  • 有限会社姫野作・姫野寿一さん

    大正13年設立。銅とアルミを原材料にした、厨房機器、調理器具を中心にした製造のほか、先代から引き継いだ技術を生かしオブジェ等の加工品も行っている姫野作の三代目。一枚ずつ職人の手によって打ち出された鍋には「使い手と一生付き合える製品」という工房の目標・願いから「姫野作」の刻印が製作した職人によって打ち込まれている。
    大阪府八尾市太田1-11
    URL http://www.nabekoubou.com/
  • 株式会社金剛組・木内繁男さん

    飛鳥時代の創業から1400年以上の歴史を持ち、「世界最古の企業」とされる大阪市天王寺区の建築会社「金剛組」で匠の技を伝える現役棟梁。1950年に大阪府に生まれ、宮大工歴は51年。東京・大阪を拠点とする8組の金剛組専属宮大工組織「匠会」の会長も務める。
    大阪市天王寺区四天王寺1丁目14番29号
    URL https://www.kongogumi.co.jp/index.html
  • 大阪府立狭山池博物館

    日本最古のダム式ため池、史跡狭山池との一体活用を重視した野外性を持った博物館であり、狭山池の堤や出土文化財を中心に、水と大地との関係性を追求する土地開発史専門の博物館。東アジア的視野で土地開発のあらゆる資料や情報の収集に努め、土地開発史の学習・研究センターを目指している。
    大阪府大阪狭山市池尻中2丁目
    URL https://sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
  • 浜田兄弟和紙製作所

    浜田家の和紙の歴史は平安時代から始まり、現在も兄弟で土佐和紙の伝統を守り、新しい和紙の可能性を探っている。兄の洋直氏は世界一薄い土佐典具帖紙を、弟の治氏は美しい文様が浮き出る「落水紙」を作る。 紙漉きは、祖父の幸雄氏に学ぶ。「かげろうの羽」 と呼ばれる0 .03ミリの土佐典具帖紙を漉く技術は、国の重要無形文化財に指定されており、継承するのは洋直氏のみ。土佐典具帖紙のしなやかさと強度は他に類がなく、現在は美術品の修復紙として世界中で使用されている。
    高知県吾川郡伊野町鹿敷1226
    URL http://www.hamadawashi.com
  • 雲の上の図書館

    高知県檮原町にある、2018年5月にオープンした図書館。 新国立競技場の設計者としても有名な建築家『隈研吾』氏が設計した。 木のぬくもりが素晴らしく、靴を脱いで入る事ができる館内には、開架書庫と閉架書庫をあわせておよそ9万冊もの本が所蔵されている。1階には多目的ルームや絵本コーナーにボルダリングできるスペースもあり、2階は一般図書や井戸端エリアなどで構成されている。
    高知県高岡郡梼原町梼原1212番地2
    URL http://kumonoue-lib.jp
  • 公益財団法人「陽光美術館」日本庭園「慧洲園」

    慧洲園は「昭和の小堀遠州」と称された中根金作によって作庭された池泉回遊式日本庭園。中世を思わせるダイナミックな石組みから流れる瀑布と茶畑が印象的に配され、武雄を象徴する美しい借景に見事に調和している。庭園の中には池中に浮かぶように建つ、陽光美術館が併設。日中文化交流の懸け橋になることを願い、日本磁器発祥の地である佐賀において、そのルーツである中国陶磁器を展示している。
    佐賀県武雄市武雄町武雄4075-3
    URL https://www.yokomuseum.jp
  • チャイナ・オン・ザ・パーク

    明治27年深川忠次により設立した深川製磁が運営する陶磁器のテーマパーク。商品を購入できるのはもちろん、深川様式のコレクションを鑑賞することができる。レストランでは、実際に深川製磁の器を使って、料理など楽しめるほか、敷地内には2代目社長 深川進の妻「敏子」のメモリアルガーデンとなる日本国内で最初に咲くラベンダー園が併設されている(開花時期:5月中旬~6月上旬)。
    佐賀県西松浦郡有田町原明乙111
    URL https://www.fukagawa-seiji.co.jp/cotp/index.php
  • 株式会社源右衛門窯

    先の柿右衛門・今右衛門にならい「有田の三右衛門」と呼ばれ、歴史は260年あまり。現在の源右衛門窯は、いまのライフスタイルにあったうつわも数多く作っており、鮮やかな色使いで人気が高い。 先代に当たる6代目がヨーロッパで出会った「輸出古伊万里」の美しさを再発見し、昭和50年代にはティファニーと洋食器シリーズを共同制作するなど、海外ブランドとの提携や商品開発などいち早く取り組んでいる。
    佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2726番地
    URL http://www.gen-emon.co.jp
  • 碧翠工房 傳承館/十六夜庵

    山峡の地、有田でやきものを創作している碧翠工房が運営する店舗。名前の由来は、1616年に泉山が発見され有田が創業し始めた事、庵がある赤絵区に、藩の管理の下、16軒の赤絵座が存在した事、そして主人の心情を表している。工房では作品の展示だけでなく、販売もしている。
    佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-238
    URL https://www.hekisuikoubou.com/十六夜庵/
  • 陶祖李参平窯

    400年前に白い磁器を国内で初めて手がけたとも言われる有田焼の陶祖・李参平。その血を受け継ぐ十四代目は、初代が発見した泉山磁石場の陶石を使い、少し青みがかった作品「初期伊万里」を継承している。陶片などから起こしたデザインも魅力です。有田焼草創期にあたる初期伊万里様式の復刻を目指している。
    佐賀県西松浦郡有田町幸平2-1-3
    URL https://toso-lesanpei.com
  • 有限会社 畑萬陶苑

    昭和元年、畑石萬太郎により萬洋窯の名で 創設され、のちに畑萬の代表作となる山水絵が生み出された。戦後、二代目・畑石春幸が 畑萬製陶所を設立。370年続く伊万里鍋島焼の歴史や技術をバックグラウンドに心の豊かさを感じることの出来る感性豊かな日本文化を継承しつつ、日本的美的感覚を現代のストーリーとして体現し、世界に発信している。
    佐賀県伊万里市大川内町乙1820
    URL https://hataman.jp
  • 鍋島御庭焼

    鍋島焼は17世紀から19世紀にかけて佐賀藩(鍋島藩)において藩直営の窯で製造された高級磁器。かつて31人いた鍋島藩の陶工のうち、唯一、鍋島の家紋である杏葉を許された窯。かつては佐賀鍋島藩の厳しい管理のもと、関所が置かれ出入りも厳しく管理された。秘窯の里とも呼ばれ、色鍋島や鍋島染付、鍋島青磁などを生みだした。民家造りの展示場には色鍋島の作品が美しい色彩を放っている。
    佐賀県伊万里市大川内町乙1822-1
    URL http://www.imari-ookawachiyama.com/kamamoto/14/index.html
  • 伊万里焼・虎仙窯本社工房

    " 将軍への献上品を作るため、鍋島藩が築いた藩窯が鍋島焼のはじまり。庶民には決して手に入らない、将軍や大名だけが使うことのできた最高の品、まさしく「大名の日用品」としてつくられた鍋島焼。この鍋島の伝統技術を受け継ぐ伊万里焼は、今なお多くの焼物ファンに絶賛され、伊万里を代表する伝統産業である。 "
    佐賀県伊万里市南波多町1555-17
    URL https://www.imari-kosengama.com/index.html
  • 有田陶器市

    有田焼など「陶器の町」として知られる有田ならではの有名なイベント。110回目を越え、九州を中心に全国から約120万人が集まる。JR有田駅から上有田駅の間の約4kmの通りに約500の店が立ち並び、陶磁器をお買い得価格で購入できる日本最大級のやきもの市で、磁器製品の安さ、豊富さ、そして独特の活気が毎年多くの人々を有田へと誘う。
    佐賀県西松浦郡有田町内一円
    URL http://www.arita-toukiichi.or.jp
  • 隆太窯

    佐賀県唐津市の山あいにある唐津焼の窯元。唐津焼の人間国宝にもなった12代太郎右衛門氏の5男である中里隆さんが開き作陶している。隆起に富んた敷地内には小川が流れ、古民家を改築したという作業場やギャラリーが並び、自然に溶け込んだ心地よい空間。
    佐賀県唐津市見借4333-1
    URL http://www.ryutagama.com/
  • 陶芸家/井上萬二さん、井上祐希さん

    井上萬二さんは、1995年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、1997年には紫綬褒章も受章している有田を代表する作家のひとり。孫の祐希さんは萬二さん、父・康徳さんの技を受け継ぎながら、新たな表現をしている注目の作家。
    佐賀県西松浦郡有田町南山丁307
    URL https://manjiinoue.com/
  • 札幌円山動物園

    エゾヒグマ、ホッキョクグマ、アザラシ、エゾシカ、オオカミなど北海道らしい動物を多数飼育している。
    北海道札幌市中央区宮ケ丘3丁目1
    URL http://www.city.sapporo.jp/zoo/
  • 羊ヶ丘展望台

    羊ヶ丘展望台は、大都市・札幌にありながら、広大な牧草地に草を食む羊たちの群れを眺める北海道らしい牧歌的な風景と、眼下に石狩平野を眺める景勝地。
    北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
    URL http://www.hitsujigaoka.jp/
  • 北海道開拓の村

    海道開拓の村は、開拓の過程における生活と産業・経済・文化の歴史を示す建造物等を移設し、さらに復元して保存している。開拓当時の情景を再現展示して、北海道の開拓の歴史を身近に学ぶことのできる野外博物館である。
    北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50−1
    URL http://www.kaitaku.or.jp/
  • 山の水族館

    北海道北見市留辺蘂町の淡水魚の水族館。日本初の「滝つぼ」の水槽や、世界初「冬に凍る川の水槽」、天然の大きなイトウなどが見られる 。
    北海道北見市留辺蘂町松山1−4
    URL http://onneyu-aq.com/
  • 流氷岬

    流氷見物のベストスポット。2月から3月にかけてが見ごろ。
    紋別市渚滑町川向
  • 知床国立公園/オシンコシンの滝

    途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれている。特に流氷の季節は絶好、見渡す限りの白い海原が感動的。
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西
    URL https://www.shiretoko.asia/oshinkoshin.html
  • 摩周湖

    弟子屈町から11km、川湯温泉から12kmにあり、湖面は海抜351m、周囲約20km、面積19.2平方キロメートル、最深211.4mの世界一級の透明度を誇るカルデラ湖。
    北海道川上郡弟子屈町
  • 屈斜路湖

    日本最大の屈斜路カルデラのなかに横たわる巨大なコバルトブルーの湖。
    北海道川上郡弟子屈町字美留和
  • 神の子池

    摩周湖からの地下水が湧き出ている山の奥にある池で、摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えから「神の子」池と呼ばれる。
    北海道斜里郡清里町字清泉
    URL http://www.kiyosatokankou.com/kaminokoike.html
  • りくべつ宇宙地球科学館

    一般公開型天文台としては日本最大級の115cm反射望遠鏡をはじめ、30cmクラスの小型望遠鏡4基、15cm大型双眼鏡、4連太陽望遠鏡等を備える公開天文台。
    北海道足寄郡陸別町宇遠別
    URL https://www.rikubetsu.jp/tenmon/
  • 阿寒湖アイヌコタン

    アイヌコタンでは、阿寒湖アイヌシアター イコロにて、アイヌ古式舞踊をはじめとする舞踊や人形劇・イオマンテの火まつりを上演するとともに、アイヌ生活記念館などがあり、昔からのアイヌの生活や文化を学ぶことができる。
    北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7−19
    URL https://www.akanainu.jp/
  • 地球岬

    地球岬は室蘭の絶海ポイント。語源は、アイヌ語の「ポロ・チケップ(親である断崖)」。高さ約130メートルの断崖絶壁にある地球岬展望台に立つと、その名の通り地球の丸さを実感できる風景が目の前に広がる。天気が良ければ遠く恵山岬や下北半島までの眺望が楽しめる。
    北海道室蘭市母恋南町4丁目77
  • 三島さんの芝桜庭園

    倶知安町在住の三島さんがご好意で一般開放しているご自宅の芝ざくら庭園。満開時には約4千平方メートルの花壇に、赤やピンク白の花々が鮮やかに咲き乱れる。
    北海道虻田郡倶知安町字旭51
  • 宗谷岬

    宗谷岬(そうやみさき)は、北海道稚内市にある岬。日本の本土における最北端の地であり、通常、訪れることのできる最北端の地になっている。
    北海道稚内市宗谷岬
  • 藤城清治コロポックル影絵美術館

    「木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド」1階。展示は30枚の影絵と壁画の31点。童話の中に入ってしまったような幻想的な世界が楽しめる。
    北海道紋別郡遠軽町生田原143番地4(木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド1階
    URL http://cha2world.com/shadow.html
  • 知床国立公園 ネイチャーガイド/「半島眺望コース」

    季節に応じたプログラムで知床を「楽しむ」「感じる」ガイドツアーをご提供。 プロのガイドならではの視点でご案内する、知床五湖ガイドウォークや、 誰もが童心に返って楽しむ流氷ウォーク®が一番人気
    URL https://www.shiretoko.asia/list_guide.html
  • 鶴居・伊藤 タンチョウサンクチュアリ

    日本野鳥の会がタンチョウとその生息環境の保全を進めるための活動拠点となる「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」を設置した施設。サンクチュアリでは給餌場に集まるタンチョウを、野外からはもちろん、ネイチャーセンターから望遠鏡を使って観察できる。
    北海道阿寒郡鶴居村字中雪裡南
    URL http://park15.wakwak.com/~tancho/
  • 旭山動物園

    動物の自然な生態が見られる行動展示が特徴の動物園。寒冷地域に生息する動物の飼育繁殖に実績があり、ホッキョクグマ・アムールヒョウ・コノハズクなど国内で初めて飼育下での自然繁殖に成功した。北海道観光の目玉となっている。
    北海道旭川市東旭川町倉沼
    URL http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
  • 木工/村木昭彦さん

    札幌市在住の木工作家。1989年にcraft fico(工房)を設立し、専門学校の教務主任を務めるなどその活動は多岐にわたる。2003年〜2013年 東日本伝統工芸展において連続入選。現在は創作と並行して、玉光堂カルチャースクール札幌すすきのスクールで講師をしている。
    北海道札幌市
  • 陶芸/本田麻亜沙さん

    札幌市在住。2009年より札幌にて作陶をはじめ、メロンの灰を釉薬に使用した器を作っている。その為、彼女の作品は普通の磁器よりも少し青味がかったやわらかい色合いが特徴的である。自然や動物のモチーフを用いた作品が多く、その可愛らしいく洗練された器に女性ファンも多い。
    北海道札幌市
    URL http://hondamaasa.wixsite.com/tougei/profile
  • 博物館 網走監獄/有形文化財

    博物館 網走監獄は、明治時代から実際に網走刑務所で使用されてきた建物を保存公開している歴史野外博物館。もっとも古い建物は、今から109年も前の建物である。監獄食の体験や、団体向けのガイドツアーが人気。
    北海道網走市呼人1-1
    URL http://www.kangoku.jp/index.html
  • 北海道立北方民族博物館

    北海道立北方民族博物館は、北峰地域を専門とする点では国内で唯一の、そして世界的にも数少ない民族学博物館である。展示活動の他に講演会、講習会といった教育普及活動、発掘調査、民族調査を通した調査研究活動、資料取集活動を積極的に進めている。
    北海道網走市字潮見309-1
    URL http://hoppohm.org/index2.htm
  • 帯広百年記念館

    博物館と創造活動センター機能をもった十勝地域の広域複合施設。常設展示室では、十勝の歴史・産業・自然などを紹介しており、迫力あるマンモスの模型も展示している。創造活動センターでは、陶芸を中心とした「もの作り」講座などを開講している。
    北海道帯広市緑ヶ丘2番地
    URL http://museum-obihiro.jp/occm/
  • アイヌ民族博物館

    北海道の先住民族アイヌの歴史と文化を紹介する野外博物館。一般財団法人アイヌ民族博物館が運営している。ここではアイヌ民族資料5000点、北方少数民族資料約250点を収蔵し、そのうちの800点を常設展示している。また関連資料として、アイヌ絵・文書約150点、図書約7500冊を所蔵している。
    北海道白老郡白老町若草町2-3-4
    URL http://www.ainu-museum.or.jp/
  • 染色/塩澤啓成さん

    染織作家。兄である塩澤照彦に師事。社団法人日本工芸会正会員及び社団法人日本工芸会東日本支部北海道研究会代表。1980年に新人染織展にて優賞を受賞した後、伝統工芸新作展や日本伝統工芸展などで入選した経歴を持つ。
    北海道恵庭市
    URL http://www.yuuzen-shiozawa.com/index.html
  • 金工/藤沢レオさん

    金属工芸家・彫刻家 。道都大学美術学部デザイン学科卒業。1999年工房LEO設立し、2005年から個展やグループ個展、アートフェアを開いている。洗練された独特なセンスが光る鉄のオブジェなどの作品が魅力的である。
    北海道苫小牧市
    URL http://leofujisawa.com/
  • アイヌ工芸家/水野練平さん

    アイヌの木彫作家でありあながら、白老町でアイヌの伝統工芸品を展示販売するギャラリーを運営している。自身はアイヌ民族ではないが、お盆や小刀などの木彫作品を手がけ、伝統的な技法を継承する作家である。
    北海道白老郡白老町
  • 木工/清水宏晃さん

    1973年北海道札幌市生まれの木工作家。2004年北海道芸術デザイン専門学校卒業後、約3年間、札幌市内の木材店で木の性質、加工技法について学ぶ。2007年に独立し制作に勤しむ傍ら、2009年から北海道芸術デザイン専門学校環境デザイン学科・クラフトデザイン専攻の非常勤講師を務めている。
    北海道札幌市
    URL http://kagu-shimizu.blogspot.jp/
  • 陶芸/中村照子さん

    1933年網走管内美幌町生まれ。北海道の女性陶芸家では先駆け的な存在であった中村さんは、1972年に初個展を開催して以来、精力的に活動を続けている。1986年北海道芸術新賞、1989年北海道文化奨励賞を受賞。銀彩、抜き絵、象嵌などの熟練した技法を使用し、茶器や食器などを制作している。
    北海道札幌市
  • オケクラフトセンター

    オケクラフトセンター森林工芸館は、1983年に誕生した置戸町の地域ブランド「オケクラフト」の中心施設として、1988年に開設。この施設はでは、作り手の育成や、オケクラフト製品の販売も手がけている。
    北海道常呂郡置戸町字置戸439番地4
    URL http://www.town.oketo.hokkaido.jp/kougeihp/
  • 北海道立帯広美術館

    十勝平野の中心に位置する道東の中核都市・帯広市に立地する文化の発信基地。美術館は、芸術との新鮮な出会いを予感させる斬新なデザインをしている。道東ゆかりの芸術家の作品や、近現代の版画を中心としたプリントアート、バルビゾン派の作品を中心に田園風景や農村風俗をテーマとした西洋美術品を収集している。
    北海道帯広市緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園
    URL http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/obj/290622top2.htm
  • 六花の森

    六花の森は、六花亭のメセナ活動により誕生し維持されている広大な風景式庭園。100,000平方メートルの敷地に十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ)などが季節毎に花を咲かせ、庭の中にはクロアチアの古民家を移築した美術館が点在する。
    北海道中札内村常盤西3線249-6
    URL http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html
  • はしもと陶芸館

    はしもと陶芸館は、北海道の田舎町白老町に佇む陶芸陶器専門店。館内のうつわ販売ギャラリーでは、北海道で活躍する陶芸作家たちが作り出す、温もりのある手作りのうつわを展示販売している。また館内、体験工房では、万華鏡作りや、キャンドル 、自分だけのうつわを作ることができる。
    北海道白老郡白老町竹浦118-146
    URL http://84mo10.com/tougeikan/
  • 北海道博物館

    森のちゃれんが・北海道博物館は、北海道の自然・歴史・文化を紹介する北海道立の総合博物館。自然環境と人とのかかわりや、アイヌ民族の文化、本州から渡ってきた移住者のくらしなどを調査・研究している。また、北海道民の貴重な宝である資料を収集・保存し、展示や教育、イベント・事業などを行っている。
    北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
    URL http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/
  • 陶芸/蔦井乃理子さん

    札幌に工房兼ギャラリーを構える陶芸家の蔦井乃理子さん。銀彩・泥彩の技法で独自のスタイルを確立し、その女性らしいで優美なうつわは不動の人気を得ている。
    北海道札幌市
    URL http://tsutainoriko.com/
  • 木工/船山奈月さん

    船山奈月氏は、北海道函館市生まれの木工アーティスト。2004年、北海道教育大学札幌校芸術文化課程美術コース木工研究室を卒業し、翌年、廃校の教室を共同アトリエとし制作活動を始める。船山氏の鑿で丹念に彫り上げられた作品は、木目が細くシンプルで温かみのある器である。
  • 陶芸/高橋里美さん

    北海道生まれ、札幌市在住。高橋さんはもともと食に興味があり「自分で作ったうつわでご飯を食べたら美味しいのでは」との思いから陶芸をはじめる。彼女の食器は扱いやすく、使った時に暖かみを感じられる作品である。
    北海道札幌市
  • ガラス/佐川光信さん

    佐川光信さんは、北海道小樽市在住のガラス工芸作家。愛媛県立松山南高校デザイン科を卒業後、三友硝子工芸㈱ に入社。1973年には 「大阪工芸展」市長賞を受賞。その後、1979年 ㈱ザ・グラススタジオ イン オタルの設立に携わる。代表作に、『PROMISE 2012』、『Origin』などがある。
    北海道小樽市最上2-16-16(ザ・グラス・スタジオ イン オタル)
  • 七宝/長谷川房代さん

    七宝とは金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつ。長谷川氏は、田中輝和氏に師事し、函館で活躍する七宝の工芸作家で、 第45回日本伝統工芸展奨励賞など多数賞を受賞している。
  • 北一硝子

    1901年創業した浅原硝子が前身。創業当時は生活必需品であった石油ランプの製造を手がける。その後、漁業用の浮き玉・牛乳ビンなど、時代時代における「人々の暮らしに根付いたガラス」を作り続けている。現在は、ガラス製作だけでなく、ガラスショップ8店舗、酒類販売店3店舗、4つのカフェ&レストランを手がける。三号館は小樽市指定歴史的建造物にもなっている。
    北海道小樽市堺町7-26
    URL http://www.kitaichiglass.co.jp/
  • 染織/朝田千佳子さん

    札幌市出身の染織作家。朝田氏は札幌大谷短期大学美術科で油絵を学ぶ。その後、織物や草木染めを開始。ほぼ独学で技術を身につけ、心象風景などをデザイン化した絵画的作品を発表している。2009年「草木染めビエンナーレ in あいち」で大賞を受賞。「日本染色作家展」では2004年から毎年入賞している程の実力。
    北海道札幌市
    URL http://sapporocco.net/asada_chikako/
  • 北海道立近代美術館

    北海道最大の総合美術館として35年の歴史を刻む。主なコレクションは「北海道ゆかりの美術」「パスキンとエコール・ド・パリ」「ガラス工芸」。また、多彩な特別展を開催しており、北海道美術の普及事業などにも積極的に取り組んでいる。
    北海道札幌市中央区北1条西17丁目
    URL http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/
  • 靴職人/手作り靴工房「cagra」 樋口泰三さん

    「cagra(カグラ)」はハンドメード靴の専門店。主にハンドソーン・ウェルテッドという伝統的な製法で靴を制作。採寸、木型作り、フィッティングといった工程を経て、お客様ひとりひとりに合わせた靴を丁寧な職人技で仕上げてくれる。
    北海道札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル3階
    URL http://cagra.net/
  • 小樽オルゴール堂

    明治45年に北海道有数の米穀商が本社屋として建てた小樽オルゴール堂。本館の建物は赤レンガ造りと石造りの2楝からなっており、レンガ造りの店内はひときわ異彩を放つノスタルジックな空間である。ここでは、様々な種類のオルゴールを購入することができる。
    北海道小樽市住吉町4番1号
    URL http://www.otaru-orgel.co.jp/
  • 小樽市立小樽美術館

    小樽市立小樽美術館は、主に小樽市にゆかりのある美術作家の作品、資料の収集、保管、展示を行っている。小樽出身の日本画家、筆谷等観をはじめ、長谷川昇、小寺健吉、工藤三郎などの作品も収蔵している。
    北海道小樽市色内1丁目9番5号
  • 芸術の森/札幌芸術の森美術館

    札幌芸術の森美術館は、北海道札幌市の南部に位置する複合文化施設・札幌芸術の森にある日本の美術館。北海道、札幌ゆかりの作家の作品および国内外の近現代美術などをコレクションし、美術に関する調査研究活動を行っている。
    北海道札幌市南区芸術の森2丁目75
    URL https://artpark.or.jp/shisetsu/sapporo-art-museum/
  • 北海道立三岸好太郎美術館

    北海道立三岸好太郎美術館は、札幌出身の画家である三岸好太郎の功績をたたえ、彼の作品・関係資料の収集・展示を行なっている美術館。蝶や貝殻をモチーフとした作品などが展示されている。
    北海道札幌市中央区北2条西15丁目
    URL http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mkb/
  • 陶芸/中村裕さん

    北海道美幌町生まれ。1999年 京都工業試験場(窯業科本科生)卒業。1985年、日本陶芸展入選後、数々の賞に輝く。北海道で生まれ育った中村氏の作品は、真っ白な雪原の風景を思い起こさせるような繊細な美しさがある。
    北海道札幌市南区真駒内169-7 (草の窯)
  • 二風谷工芸館(平取町アイヌ文化情報センター内)

    アイヌの伝統を多面的・専門的に学ぶことができる博物館。重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」をはじめとしたアイヌの民具、重要文化的景観にも選定されたチセ群のほか、数多くの視聴覚資料、関係図書等が納められている。
    北海道沙流郡平取町二風谷61-6
  • 陶芸/大野耕太郎さん 

    大野耕太郎氏は、青白磁と黄瓷の製作をしている陶芸家。自然豊かな滝川市に工房を構え、工房に併設されたcafeには、普段使いの器を中心に、やさしい色合いと曲線が美しい作品が並ぶ。
    北海道滝川市江部乙町832‐1
  • 美瑛の青い池

    美瑛の「青い池」は、その名の通り池の水が繊細な青い色で、季節や天候よってその青さにも変化がみられる。青い理由は硫黄沢川や白ひげの滝から流れるアルミニウムを含んだ水と美瑛川の水が混ざり、コロイドという粒子が生成され、太陽の光とぶつかる事によって、遠くから見ると青く見えるそうだ。この神秘的な色に、国内外から多くの観光客を集めている。
    北海道上川郡美瑛町白金
  • 北海道旭川美術館

    道立旭川美術館は、昭和57年7月に道北地域の美術文化の拠点として常磐公園内に開館した。森林資源に恵まれ、家具・木工産業なども盛んな地域であることから、木の造形作品の収集を行っている。また、道北地域にゆかりのあるすぐれた作家の絵画、版画、彫刻、工芸作品なども収蔵されている。
    北海道旭川市常磐公園内  
    URL http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
  • 北海道伝統美術工芸館

    北海道伝統美術工芸村は、大雪山に囲まれ、旭川市内を一望できる高台に位置する。 手織り工芸を展示している「優佳良織工芸館」・世界の優れた染織品が集められた「国際染織美術館」・大雪山を建物と展示で表現している「雪の美術館」の三館で構成されている。
    北海道旭川市南が丘3丁目1-1
  • 高橋工芸(旭川木器)

    木材資源が豊富で、木工の盛んな北海道・旭川に工房を構える高橋工芸。北海道産のセン材を使用した薄さ約2mmの木のグラスは、口あたりがやわらかく高橋工芸のロングランヒット商品である。
    北海道旭川市5条西9丁目2-5
    URL http://www.d-department.com/jp/takahashi
  • ガラス/西山亮さん

    西山亮氏は、北海道長沼町にて、ガラス工房「glashaus」を開設している吹きガラス作家。手吹きの熟練した製法で、シンプルでありながら温かみのある作品を生み出し、今まで数々の賞を受賞している。
    北海道夕張郡長沼町東10線南5番地
    URL http://www.kuripa.co.jp/cgi-bin/ag/ag_personal.cgi?lang=ja&id=153
  • 江別市セラミックアートセンター

    江別市セラミックアートセンターは、北海道のやきもの文化を紡ぐ陶器の総合施設。常設展示室では陶磁器を地域・時代別に展示している。また江別市在住作家の作品を販売するやきものショップでは、マグカップや銘々皿など普段使いのものが揃う。
    北海道江別市西野幌114番地の5
    URL http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/ceramic/
  • 旧花田家番屋

    日本最北端の国指定重要文化財。明治38年頃に建築された鰊の漁夫を収容した屋敷である。道内で現存する番屋では最大の規模を有し、平成13年には北海道遺産にも認定された。
    北海道留萌郡小平町字鬼鹿広富35番地の2
  • ボッコ靴 スミトモ 工藤勤さん

    『ボッコ靴』は天然生ゴムで手作りされたゴム長靴。「暖かさ」と「耐久性」が最大の特徴で、昔から東北地方・北海道などで雪上作業用靴として履かれてきた。裁断から成形まで全工程を熟練した職人の手作業で行い、古き良きものを現代に伝える靴屋である。
    青森県黒石市横町1-2
    URL http://www.k-bocco.com/
  • 暮らしのクラフト ゆずりは

    暮らしのクラフトゆずりはでは、“日々の暮らしの中で使っていただけるもの”をテーマに、青森・秋田・岩手3県をはじめ 東北の手づくりの品々を集めている。
    青森県十和田市十和田湖畔休屋486
    URL http://www.yuzuriha.jp/
  • 三沢市寺山修司記念館

    遺族の寺山修司の母はつ氏より三沢市に寄贈された遺品を、保存公開するために約3年の歳月をかけ建設された。寺山修司と親しかった粟津潔氏のデザインをもとに、九條今日子氏をはじめとする元天井棧敷のメンバーなど数多くの関係者の協力を得て平成9年7月に開館を迎えた。
    青森県三沢市大字三沢字淋代平116-2955
    URL http://www.terayamaworld.com/
  • 蔵の和雑貨 「与志む良」

    大正6年、萬荒物吉村商店として出店。蔵は初代が建てたものである。昭和56年、荒物店から和雑貨「与志む良(よしむら)」とし、また平成4年から蔵を店舗として現在に至る。
    青森県弘前市代官町106
    URL http://www.wa-zakka.jp/
  • 亀屋革具店

    一番町の坂の途中にある革具店。創業以来、馬具を専門に商ってきたが、最近では馬具作りで培われた匠の技を活かし、かばん作りなどを始めたことから、「東北のエルメス」とも呼ばれている。
    青森県弘前市一番町24
  • 立佞武多の館

    立佞武多の館とは、立佞武多祭りに出陣する大型立佞武多を常時格納・観覧できるほか、新作立佞武多の製作体験、津軽の民工芸の製作体験、五所川原ネプタのお囃子の練習など様々なイベントが行われる施設である。
    青森県五所川原市大町21-1
    URL http://www.tachineputa.jp/
  • wanimokko

    「わにもっこは無垢の木の注文家具や木のモノを製作している工房。森の恵みである木を可能な限り無駄なく生かす事をモットーに作られた商品が並ぶ。
    青森県南津軽郡大鰐町大字早瀬野字坂本72-2
    URL http://www.wanimokko.jp/
  • こみせ通り

    日本の道百選にも選ばれた「こみせ(小見世)」。伝統的建造物とアーケードが藩政時代からほぼそのままの形で今に残っており、これは全国的にも類例がないと言われている。特徴は、日差しや吹雪から人を守るアーケードがあること。また、国指定重要文化財の「高橋家住宅」や 昔ながらの造り酒屋などが並んでおり風情を感じさせる通りである。
    黒石観光協会 青森県黒石市大字中町周辺
    URL https://kuroishi.or.jp/sightseeing/komisedoori
  • ガラス造形家 石橋忠三郎さん

    ガラス造形家石橋さん主催のガラス工房「スターブリッジ」は、青森県八戸市にアトリエとギャラリーを構える。デザイン~制作~仕上げまで、全ての作業を工房で行い、吹きガラスの伝統的な技法やオリジナルの技術、ガラスの面白さを日々発見しながら作品作りに取り組んでいる。
    青森県八戸市沼館4-7-106
    URL http://www.ishibasi.com/
  • 津軽焼 小山陽久さん

    弘前市に「津軽千代造窯」を構え、作陶を続ける陶芸家。
    青森県弘前市城南4-11-3
    URL http://tugaruyaki.com/
  • 陶芸作家 安田修平さん美代さん

    陶芸家の安田修平・美代さん夫妻は16年前に工房「polepole(ポレポレ)」を共に開き、十年前には青森県鯵ケ沢町の廃屋を改修して移り住み、岩木山が見える工房で創作活動に励んでいる。土から器、紙からランタン...暮らしや旅の中から「こんなのあったらイイな」 をカタチにしている。
    青森県西津軽郡鰺ヶ沢町小屋敷町袖ケ崎192-3
  • A-FACTORY

    青森発の新たなビジネスモデルの構築及び青森エリアの活性化を目的として、2010年5月に設立。JR東日本グループが進める「地域再発見プロジェクト」の具体的な取組みの実現のため、2010年12月に、青森ウォーターフロントにおいて、青森県産りんごをシードル・ジュース等の各種飲料に加工する工房と、青森県産の食材を楽しめる市場として、「A-FACTORY」をオープン。
    青森県青森市柳川1-4-2
  • 津軽三味線 多田あつしさん

    津軽三味線(つがるしゃみせん、つがるじゃみせん)は、津軽地方(現在の青森県西部)で成立した三味線音楽。本来は津軽地方の民謡伴奏に用いられる。多田さんの営む三味線店では、演奏活動20年以上の経験と知識を生かして、厳選した商品の仕入れに力を入れている。
    青森県弘前市茂森町112
  • 田澤打刃物製作所 田澤幸三さん

    昔ながらの工房で鎚を振る田澤さんは3代目。現在一人で鍛冶業に従事している。 創業100年になり剪定鋏を中心に、ナタ、包丁、草取鎌、りんごカビ取など中心に製造販売する。「清水一国印」のりんご剪定鋏は、県内外の果樹生産者に愛用されている。
    青森県弘前市茂森新町2丁目3-11
  • 津軽塗(唐塗、津芸塗)和島省治さん

    和島さんは、津軽塗の伝統の技に、創意工夫を加え、櫛目模様を施した「津芸塗」(つげぬり)を考案。2005(平成17)年には「現代の名工」に選ばれた。
  • 青森県立美術館

    2006年7月13日に開館した青森県青森市の郷土文化を紹介するための施設である。美術をはじめとして、映画、演劇、音楽など様々な文化芸術活動を活発に展開し、県民が驚きや感動を体感するとともに、新しい価値観と出会う場作りに積極的に取り組んでいる。
    青森県青森市安田近野185
    URL http://www.aomori-museum.jp/ja/
  • 津軽塗(紋紗塗)木村正人さん

    黒漆の模様(多くは線描を主にした総模様)に紗(津軽地方ではもみ殻のことを紗と呼ぶ)の炭粉を蒔き、 研ぎ出して磨き仕上げされたものを紋紗塗と呼ぶ。木村さんはそんな紋紗塗の第一人者である。
    青森県弘前市川先1-4-8
  • 津軽びいどろ/北洋硝子

    津軽半島の西側に広がる、七里長浜の砂から作られた「津軽びいどろ」は、紀元前一世紀頃から受け継がれてきた「宙吹き」の技法で流麗なガラスの美を創りあげてきた。青森県から伝統工芸品の指定を受けた確かな技と、自由で個性的なデザインを楽しめる。
    青森県青森市富田4-29-13
    URL http://www.tsugaruvidro.jp/
  • 津軽塗(唐塗) 今照芳さん

    唐塗(からぬり)とは津軽塗の代表格であり、現在最も多く生産されている。 唐塗独特の複雑な斑点模様は、何度も塗っては乾かし、そして研ぐという作業を繰り返し、 全部で四十八の工程から生み出される。完成までには最低でも一ヶ月半~二ヶ月を要し丁寧に仕上げられる塗り物である。
    青森県平川市原田稲元54-3
  • 樹木医 小林勝さん

    樹木医・小林勝さんは、枝を切ることがタブーだった桜に、積極的に剪定(せんてい)を行い、青森県弘前市の弘前公園の桜の木の生命力を引き出すことに成功した。2011年、大雪で根元から倒れてしまった弘前公園の名物でもある「樹齢100年の大シダレ桜」の復活に挑んだ経験もある。
  • 小安峡大噴湯

    渓谷から立ち上る湯けむりと、60mもの岸壁の裂け目から噴き出る熱気と蒸気に、大自然の力強さを再認識させられるスポット。新緑の季節は青々と生い茂った木々と、紅葉の季節は赤く染まった木々の葉と白い湯けむりのコントラストが美しい。
    湯沢市皆瀬小安峡温泉
    URL http://www.oyasukyo.jp/
  • 史跡 尾去沢鉱山

    古くは奈良時代の和銅元年(708年)に発見されたという尾去沢鉱山。坑道内では約900万年前の地殻が露出しており、かつて国内最大級を誇っていた銅鉱脈型鉱山として、その昔、奈良東大寺の大仏鋳造や岩手・平泉の金色堂にその産金が使われたと云われ、日本の黄金文化に大いに貢献したとされている。
    秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13番地5
    URL http://www.osarizawa.jp/
  • 社団法人「秋田犬保存会」

    当時盛んだった闘犬により、この地方に古くからいた犬種の雑種化を憂いだ泉茂家氏によって、昭和2年に設立された団体。天然記念物「秋田犬(あきたいぬ)」の保護と秋田犬の文化の発信を目的に、現在は国内52支部、海外9支部で、年間数十回の展覧会や研究会を開催している。
    秋田県大館市字三ノ丸13-1
    URL http://www.akitainu-hozonkai.com/
  • 横手市ふれあいセンター かまくら館

    水神様を祀る小正月行事として400年以上の歴史を誇る横手かまくらを実際に体験できる施設。つねにマイナス10℃ほどに保たれた「かまくら室」には、横手の雪で作られた本物の「かまくら」があり、実際に入ることもできる。
    秋田県横手市中央町8番12号
    URL http://www.yokotekamakura.com/02_kanko/kamakurakan.html
  • 工芸家 牧野広大

    アルミに天然染料を染める「草木染金属工芸」を考案、金・銀・プラチナ・銅・鉄など様々な金属を用いた造形に挑む工芸家。朝日町にある旧立木小学校を工房にして制作活動を行う「芸術家グループあとりえマサト」に所属する。作品を発表しながら、教室・ワークショップなども開催している。
    山形県西村山郡朝日町立木300
    URL http://koudai27.jimdo.com/
  • 山形で学び、創り、発信する「東北芸術工科大学」

    芸術から工業デザイン、コミュニケーションデザインまで幅広く学ぶことができる芸術大学。大学には16分野の学科・コースがあり、大きく分けて2学部で構成されている。『芸術学部』は、美術史・文化財保存修復学科や美術科日本画コースなど美術分野を専攻する学科があり、『デザイン工学部』には建築・環境デザイン学科やグラフィックデザイン学科、コミュニティデザイン学科といったデザインを深く掘り下げて学ぶための学科が揃う。
    山形県山形市上桜田3−4−5
    URL http://www.tuad.ac.jp/
  • 公益財団法人 本間美術館

    本間家から寄贈された美術品を中心に、古美術から現代美術まで収蔵・展示する美術館。数々の名品や北前船の貿易により上方文化の影響を受けた湊町酒田の歴史に触れる事ができる。2013年で築造200年を迎えた、国指定名勝「本間氏別邸庭園(鶴舞園)」と京風木造建築「清遠閣」は見どころのひとつ。
    山形県酒田市御成町7-7
    URL http://www.homma-museum.or.jp
  • 羽越しな布 / 関川しな織協同組合

    現在の山形県庄内地方から新潟は越後地方周辺で古くから作られる織物。日本三大古代布と呼ばれ平安時代に記された「延喜式」にも記述が残る。「シナノキ」の樹皮から繊維を取り糸にして加工し、すべて手作業で行われることから全行程は1年程度かかることもある。丈夫で水に強いことから鞄や暖簾などに使用されている。
    山形県鶴岡市関川字向222 関川しな織センター内
    URL http://shinafu.jp/
  • 滴生舎(てきせいしゃ)

    全国でも数少ない“漆掻き職人”が暮らし、日本有数の漆の産地として知られる浄法寺町。滴生舎では、訪れた人が漆器に親しむことができる場所として、漆器工房と販売店舗を併設している。時には職人が全国に出向き、漆器文化を広く紹介するなどPR活動も行っている。
    岩手県二戸市浄法寺町御山中前田23-6
    URL http://urushi-joboji.com/life/tekiseisha
  • 光原社

    大正13年に出版社として創業。宮沢賢治と創業者が出会い、童話集「注文の多い料理店」を発刊した。現在は手工芸品の販売店として営業を行い、岩手の手仕事による雑貨や工芸品、書籍、アクセサリーまで幅広い商品を取り扱う。盛岡市内に2店舗、仙台市内に2店舗を構える。
    岩手県盛岡市材木町2-18
    URL http://morioka-kogensya.sakura.ne.jp/
  • Holz Furniture and interior

    国内外から機能性とデザイン性に優れた品々を集め、家具やインテリア用品、雑貨を取り扱うセレクトショップ。素材にこだわったオリジナル商品も販売し、個性豊かに暮らしを彩る工夫を提案している。
    岩手県盛岡市菜園1-3-10
    URL http://www.holz-raum.com/
  • 名勝 北山崎

    高さ200mもの断崖と、奇岩や大小様々な海蝕洞窟が8kmも続く海岸。三陸復興国立公園(旧・陸中海岸国立公園)にも指定されている。
    岩手県下閉伊郡田野畑村北山
  • 高村記念館 高村山荘

    高村光太郎は彫刻家・詩人として戦乱の世に多彩な作品を残した芸術家。戦時中に花巻市に疎開し、戦後は質素な小屋を建てて7年間暮らした。この住まいとした建物が「高村山荘」として保管・公開されている。記念館では作品の原型や直筆原稿が展示され、高村がこの地で過ごした軌跡を知ることができる。
    岩手県花巻市太田3-91
    URL http://www.hanamaki-takamura-kotaro.jp/
  • 南部曲り家千葉家

    約200年前に建てられた、人の暮らす母屋と馬屋がひと続きになっている古民家。この地方の民俗文化を知る貴重な建築物として、国指定重要文化財に指定されている。現在、この家屋で暮らす居住スペース以外が、一般に公開されており、古くから伝わる道具等も見学することができる。
    岩手県遠野市綾織町上綾織1-14
  • 名勝 猊鼻渓舟下り

    猊鼻渓(げいびけい)は全長約2kmに渡って切り立った壁岸が続く渓流。奇岩や滝が点在し、国の名勝に指定されている。観光客にも人気の渓流舟下りは、船頭さんの案内を聞きながら風光明媚な自然を満喫することができる。
    岩手県一関市東山町長坂字町467
    URL http://www.geibikei.co.jp/funakudari/
  • 歴史公園えさし藤原の郷

    平安時代の建物を再現した歴史テーマパーク。奥州藤原氏の軌跡を辿り、情緒豊かな平泉の歴史に触れることができる。映画やドラマでの撮影地としても有名なことから「みちのくのハリウッド」とも呼ばれ、年間を通して多くの観光客が訪れる。
    岩手県奥州市江刺区岩谷堂字小名丸86-1
    URL http://www.fujiwaranosato.com/
  • 松島島巡り観光船

    260にも及ぶ島々が浮かぶ名勝・松島湾を海上から楽しむ観光クルーズ。雄大な自然が創り出した奇岩や島々を巡りながら、松島の文化や歴史を堪能することができる。大型定期船の他に、中型船、小型船などの貸し切りプランがあり、様々な旅に合わせたクルージングが可能だ。
    宮城県宮城郡松島町松島字町内85
    URL http://www.matsushima.or.jp/index_2.html
  • アーティスト 坂内まゆ子

    からむし、和紙、漆、草木など自然の材料を使って作品を制作するアーティスト。2009年東北芸術工科大学芸術学部卒業。2011年同大学院修了。主な展覧会に2011「時の種子」coexistgallery(東京都)、2011 KUAD+TUAD「Emerging#1」アーツ千代田3331(東京都)、2011 「会津・漆の芸術祭」(福島県)、2012 「わ展」(東京都)。
    福島県福島市
  • 株式会社白木屋漆器店

    約300年の歴史を持つ漆器店。大正3年に竣工した土蔵造りの建築はルネッサンス様式を取り入れ堂々とした洋館だ。会津塗りの資料館を併設するほか、店内にはモダンなガラス棚が並び、常時1000種類の漆器を販売している。
    福島県会津若松市大町1-2-10
    URL http://www.shirokiyashikkiten.com/
  • 鶴ヶ城

    会津若松に佇む鶴ヶ城は、「若松城」とも呼ばれ、1593年に築城された。数々の戦国大名が治め、戊辰戦争の舞台としても広く知られている。現在「鶴ヶ城天守閣博物館」として貴重な資料を公開している。
    福島県会津若松市追手町1-1
    URL http://www.tsurugajo.com/
  • 湯島聖堂

    1690年、五代将軍徳川綱吉公が儒学の振興をはかるために創建し、1797年幕府直轄学校「昌平坂学問所」として開設した。明治維新後も近代教育発祥の地として栄え、現在は史跡に指定され、学びの精神を受け継ぎ、一般に論語や漢詩の講座を開いている。
    東京都文京区湯島1-4
    URL http://www.seido.or.jp/
  • 鈴本演芸場

    安政4(1857)年に開設された前身の「軍談席本牧亭」から現在まで、落語を楽しむ人々が集う寄席。昼の部、夜の部に分かれ、落語をはじめ、漫才、三味線漫談など、人間味溢れる話芸が繰り広げられる。
    東京都台東区上野2-7-12
    URL http://www.rakugo.or.jp/
  • 自然体験ガイド ソルマル

    1991年から自然ガイドとして活動を行っているエコツアーガイド金子タカシさん。小笠原諸島の自然環境穂保全やエコツアーの発展を目指しながら、地域の魅力を体感するシーカヤックツアー、トレッキングツアーを企画し、小笠原を訪れる人々に自然の美しさを伝えている。
    東京都小笠原村父島字奥村
    URL http://ogasawara-solmar.com/
  • 三溪園

    実業家であり茶人であった原富太郎(号・三溪)が、歴史的に貴重な建築物を移築して造りあげた庭園。175,000㎡に及ぶ園内には、現在、国の重要文化財に指定されている建築物をはじめ、17棟の建築物が点在し、四季折々の花との調和が美しい。
    神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1 
    URL http://www.sankeien.or.jp/ 
  • 東京スカイツリータウン®

    東京下町のおもかげを残す墨田区、隅田川のほとりに2012年5月22日開業。自立式電波塔であるタワーの高さは634m、展望台からは晴天時は関東平野を一望することができる。足元にはレストランやショッピングが楽しめる商業施設ソラマチ®があり、人気を集めている。
    東京都墨田区押上1-1-2
    URL http://www.tokyo-skytreetown.jp/
  • 箱根ラリック美術館

    フランスの宝飾とガラス工芸作家 ルネ・ラリックの制作した作品を約1500点収蔵する美術館。ジュエリーからガラス工芸作品、室内装飾まで、ラリックの生涯に渡る作品を常時約230点展示している。
    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186−1
    URL http://www.lalique-museum.com/
  • 箱根ガラスの森美術館

    15世紀から19世紀に作られたヴェネチアン・グラスを展示する「ヴェネチアン・グラス美術館」と、現在活躍中の作家による作品を展示する「現代ガラス美術館」の2つの展示室にて、幅広いヴェネチアン・グラスを鑑賞することができる。
    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
    URL http://www.ciao3.com/
  • ポーラ美術館

    ポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司氏が約40年かけて収集した、西洋絵画、近代日本画、東洋陶器、化粧品道具を中心とする幅広いコレクションを収蔵・展示している。
    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
    URL http://www.polamuseum.or.jp/
  • 偕楽園

    天保13年/1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって千波湖を望む丘陵地に造園された庭園。園内には約百品種、3000本の梅の木が植えられていることから春には梅の名所として賑わい、また四季折々の景観を楽しむことができる。
    茨城県水戸市常磐町1-3-3
    URL http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html
  • 笠間日動美術館 別館 春風萬里荘

    笠間の作家が集う芸術の村に、北大路魯山人アトリエで母屋としていた茅葺の民家を移築し広く公開されている。万能の奇才として芸術界に功績をのこした北大路魯山人の感性をいたるところから感じることができる空間に魯山人手製の家具や愛用の品が展示されている。
    茨城県笠間市下市毛芸術の村
    URL http://www.nichido-museum.or.jp/shunpu/
  • みんなの家

    岩手県陸前高田市高田町
  • (公財)濱田庄司記念益子参考館

    益子の地で陶芸を深めた人間国宝・故濱田庄司氏の作品や、仕事場、登り窯が一般に公開されている。また、故濱田庄司氏の集めた国内外の貴重な工芸品は、後世のための参考となるように展示されている。
    栃木県芳賀郡益子町大字益子3388
    URL http://www.mashiko-sankokan.net/
  • 那珂川町馬頭広重美術館

    歌川広重の肉筆画や版画、川村清雄の洋画など多数の絵画や書を展示する美術館。故・青木藤作氏のコレクションを受け継ぎ、広く浮世絵や絵画に親しむことができる場として設立された。
    栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
    URL http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/
  • 益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子

    陶芸の街として名高い益子町。益子焼の歴史や作品を展示し、実際に陶芸体験を行うことができるほか、栃木県出身の芸術家の作品を収蔵・展示している。
    栃木県芳賀郡益子町益子3021
    URL http://www.mashiko-museum.jp/
  • 史跡足利学校

    室町時代から明治初期まで続いたとされる日本最古の学校。現在は文化施設として一般に公開されており、数々の書籍や資料など学びの歴史を今に伝える。 
    栃木県足利市昌平町2338
    URL http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/
  • あきら友禅 「滝沢晃」

    「母から娘へと受け継がれる着物を作りたい。」世界を彩る万物を表現する作品の数々その作品は、新たな着物の魅力に満ち溢れている。 
    新潟県十日町市妻有町西1-1-12
    URL http://www.akira-yuzen.com/
  • 中村キース・ヘリング美術館

    キース・ヘリングの作品を専門的に所蔵。力強いエネルギーを体感できる。
    山梨県北杜市小淵沢町10249-7
    URL http://www.nakamura-haring.com/
  • 山梨県立美術館

    「種をまく人」をはじめとしたミレーの作品を多数所蔵。
    山梨県甲府市貢川1-4-27
    URL http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/
  • 昇仙峡「影絵の森 美術館」

    藤城清治氏の作品を中心とした世界初の影絵美術館。
    山梨県甲府市高成町1035-2
    URL http://www.kageenomori.jp/
  • 河口湖オルゴールの森美術館

    世界最大級のダンスオルガン、世界的にも貴重な自動演奏楽器やオルゴールを所蔵。
    山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20
    URL http://www.kawaguchikomusicforest.jp/
  • 笛吹川の夏の風物詩「石和鵜飼 徒歩鵜」

    温泉地として有名な石和に残る伝統。笛吹川に入るこの鵜飼は、800年の歴史があると言われている。
    山梨県笛吹市石和町市部777
  • 株式会社二橋染工場

    ふわりと漂う模様の浜松注染そめ
    静岡県浜松市中区常盤町138-14
    URL http://www.nihashi-tinta.co.jp/
  • IZU PHOTO MUSEUM

    富士山を切り取るアート
    静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
    URL http://www.izuphoto-museum.jp/
  • MOA美術館

    伝統工芸品の保存にも力を入れる美術館
    静岡県熱海市桃山町26-2
    URL http://www.moaart.or.jp/
  • 静岡指物家具 吉蔵

    木と生活をつなぐ家具
    静岡県静岡市葵区住吉町2-31
    URL http://www.kichizo.co.jp/
  • 岐阜県現代陶芸美術館

    美術品から実用陶磁器までさまざまに、19世紀以降の近現代の作品を中心に、数多くの作品が収蔵されている。
    岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
    URL http://www.cpm-gifu.jp/
  • 養老公園 養老天命反転地

    養老公園の中の体験施設。現代作家・荒川修作と詩人マドリン・ギンズのプロジェクトを実現し、感覚や常識を問い直す非日常の空間を体験することができる。
    岐阜県養老郡養老町高林1298-2(養老公園内)
    URL http://www.yoro-park.com/
  • 白川郷合掌造り集落

    「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として、ユネスコの世界文化遺産に指定を受けている。合掌造りの民家の見学や、民宿として営業する家もある。
    岐阜県大野郡白川村荻町
    URL http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/
  • 世界をリードする企業YKKの中心工場「YKKグループ 黒部事業所」

    「YKK」とは、ァスナーなどの部品を扱うファスニング事業と建材事業を中核に展開する企業。実にファスナーの世界シェアの約45%を占めており、日本が世界に誇る企業だ。敷地内に併設されている「YKKセンターパーク」は、記念館や広場を整備して一般の人々が誰しも訪れることができる施設。製品の製造工程や歴史に触れたり、敷地内を探索することもできる。 富山県黒部市吉田200 (YKKグループ 黒部事業所内)
    富山県黒部市吉田200 (YKKグループ 黒部事業所内)
    URL http://www.ykkcenterpark.jp
  • 漆芸家 中野孝一

    漆器に新たな命を吹き込む金色の芸術。日本を代表する蒔絵作家。
    石川県
  • 文化財指定庭園 特別名勝 兼六園

    加賀百万石の文化を象徴する日本三名園 。
    石川県金沢市兼六町1-4
    URL http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/
  • 松田和傘店

    美しい意匠をまとう和傘を作り続ける。
    石川県金沢市千日町7-46
  • かなざわ燈涼会

    燈りで彩る夏の夜、金沢の文化を満喫するお祭り。
    石川県金沢市尾山町9-13(金沢商工会議所内)
    URL http://touryoue.jp/
  • 三方五湖(みかたごこ)

    福井県三方郡美浜町と三方上中郡若狭町にまたがった巨大な湖。それぞれが海水、淡水、汽水と違った性質を持ち、海水と淡水の比率も違うため、湖水がそれぞれ違った青色をたたえて、五色に見える。
    福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町
  • 東尋坊

    福井県から石川県にわたって続く、「越前加賀海岸国定公園」。その中で福井県坂井市に位置する。地質は火山岩の一種である輝石安山岩。
    福井県坂井市三国町東尋坊
  • 暮らしをクリエイトする「graf」

    建築、空間デザイン、グラフィック、アート、そして食にいたるまで、文字通り「暮らし」をクリエイトする集団が手掛けるクリエイティブユニット「graf」。暮らしに関わるあらゆるものづくりを行い、オリジナルの家具、雑貨の販売やgrafの家具やプロダクトを実際に体験することのできるカフェレストランの運営など多岐にわたる活動を展開。
    大阪市北区中之島4-1-18
    URL http://www.graf-d3.com/