NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

米の里、伊賀での酒造り「澤佐酒造合名会社」

米の里、伊賀での酒造り
「澤佐酒造合名会社」

伊賀米を仕込む

伊賀といえば、すぐに頭に浮かぶのが「忍者の里」。けれど、じつは伊賀は「米の里」でもある。気候風土に恵まれた伊賀で生産される米は、味、香り、粘りに優れており、「伊賀米」と呼ばれる。

今回伺った澤佐酒造は、その伊賀米のみを使って酒造りをしている。使用している水も、観光地ともなっている香落渓(こおちだに)から滲み出た地下水を利用。
地元に密着した酒造りが澤佐酒造の特徴である。

有機酸のたっぷり含まれた美酒

さらにここでは、機械に頼らず、ひとつひとつが手作り。だから生産量は少ないが、その味は全国新酒鑑評界において7年連続で金賞を受賞するなど、高い評価を得ている。
とくに、純米吟醸の「アンプレヴュ」という酒。特殊仕込みで造られるというアンプレヴュは、白ワインのような風味を持つ。その風味が出せるのは有機酸が豊富に含まれているから。そのため体にも優しい。

地元の伊賀米にこだわって、ひとつひとつ丁寧に作り上げる。「米の里」だからできる酒がここにある。

ACCESS

澤佐酒造合名会社
三重県名張市夏見944
URL http://sawasa.net/