NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

全客室に源泉掛け流しの湯が満ちる贅沢、癒しの宿「角館山荘 侘桜」

全客室に源泉掛け流しの湯が満ちる贅沢、癒しの宿「角館山荘 侘桜」

秋田県東部に位置する仙北市は、田沢湖や乳頭温泉、秋田駒ヶ岳などがある自然豊かな地だ。そうした中にあって「小京都」とも呼ばれる角館(かくのだて)は、趣のことなる雅な雰囲気を湛えている。黒板塀の続く道、茅葺き屋根の武家屋敷、そして春になれば満開のシダレザクラが町を覆う。


そんな角館の中心部から車で離れること15分、のどかな田園を抜けてたどりつくのが「角館山荘 侘桜(わびざくら)」だ。今から800年ほど前の承久2年に、この地をおさめていた戸沢氏が門屋城を築いた場所にあたる。築200年の古民家を滴石(現岩手県雫石町)から移築した「角館山荘 侘桜」は、なるほど、その歴史的場所にふさわしい品格と落ち着きを持った宿だ。周囲には建物が無いため、鳥のさえずりや木々が風に揺れる優しい音だけが長旅の後の心身を癒してくれる。敷地内には出雲大社を模して建てられた縁結びの神社もあり、自然豊かな庭の景色を楽しみながらゆっくりと散策するのも一つの楽しみである。


宿の食をデザインするのは、ミシュラン二つ星で知られる東京・南麻布にある「分とく山」の総料理長・野﨑洋光さん。魚、肉、野菜、自然の豊かな秋田は食材の宝庫である。それを活かした野崎さんの「からだにおいしい料理」の極意を継承する料理長・矢部義春さんとともに、700種類ものレパートリーの中から、季節の食材に合わせて、月替わりの献立を作る。ダイニングには外の景色を楽しめる個室なども設えられており、美しい景色を背景にセンスの良い盛り付けがほどこされた創作和食を秋田の地酒と共に味わうと、ついついお酒がすすんでしまう。料理の味は折り紙付き、味わい深く贅沢な時間を過ごせることに心が満たされるだろう。


客室は全部で10あるが、いずれにも源泉掛け流しの温泉が満ちる半露天風呂が付いている。半露天の部屋風呂からも十分美しい景色を望めるが、予約制の貸切露天風呂も必ず体験しておきたい場所だ。チェックイン時に予約を入れるシステムになっていて30分無料で利用することができる。のどかな里山を眺めながら湯につかる解放感は格別だ。アルカリ性単純泉の湯は、とろりとやわらかな湯あたりでよく「美肌の湯」といわれたりもする。


和室、和洋室、ダイニング付和洋室、どのタイプの部屋に泊まっても、この贅沢な風呂と、そして山々の緑を愛でるのどかな風景が満喫できる。また部屋についているテラスに出てみる事もおすすめしたい。昼間ならのどかな里山の風景が、夜には満点の星空を楽しむことができる。日常の喧噪を離れ、ゆったりとした休日を過ごすのに、これ以上ない最適な環境がここにはある。「癒される」この言葉を体現したような空間でまた帰ってきたくなる不思議な魅力を秘めた宿である。滞在時間が長くなればなるほど、自身の体だけでなく、心も癒されていくのが体感できるはずだ。もし少しでも自分の為に使える時間のゆとりができたなら、一度は侘桜を訪ねてみてほしい。疲れ果てたあなたの心身にそっとよりそう癒しの時間がそこには待っているから。

ACCESS

角館山荘 侘桜
秋田県仙北市西木町門屋字笹山2-8
TEL http://wabizakura.com/