NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

買える!にほんもの

勤労感謝の日のギフト20選。大人が感謝の意を込めてプレゼントしたいモノとは?

オフィスで上司や同僚たちと顔を合わせることや、遠方に住む両親に会いに行く機会も減ってしまった昨今。面と向かって感謝を伝えられる機会も少なくなってしまっていますよね。勤労感謝の日は、感謝の思いをプレゼントに込めて伝えるのにぴったりです。今回は、勤労感謝の日に上司や同僚、部下に感謝を伝えつつ喜んでもらえる素敵なプレゼントをご紹介します。

オフィスで集まる機会も少ない今だからこそ、勤労感謝の日にプレゼント

昨今はオフィスに出勤することも制限され、
自宅で勤務することが増えているという方も多いのではないでしょうか。
オンラインでの会議や電話でのやり取りが増え、
合理的に仕事を進められる反面、面と向かって上司や同僚、部下たちに感謝を伝える機会も少なくなっている、なんてことも。
勤労感謝の日は、そんな感謝の思いをプレゼントに込めて伝えるのにぴったりな日です。
そこで今回は、勤労感謝の日に上司や同僚、部下に感謝を伝えつつ喜んでもらえる素敵なギフトをご紹介します。

モノの価値が分かる年齢になったからこそ、「本物」を贈りたい

30代になると、20代の頃にはハードルが高いと感じた施設やお店にも当たり前のように足を運べるようになります。
様々な経験を通して、モノの価値が分かるようになったという実感を得ている人もいることでしょう。
だからこそ、プレゼントを選ぶ際には気を遣うという人も。
モノの価値が分かるようになってきた年齢だからこそ、本当に喜ばれるプレゼントをしたい。
上質な素材を用い、確かな技術でつくられた品物。
そんな「本物」を勤労感謝の日に贈れば、受け取る上司や同僚、部下たちからも一目置かれ、評価が高まることでしょう。

「本物」でも、世代やライフスタイルに合わせて贈り分けたい

いくら「本物」を勤労感謝の日に贈っても、受け取る側のライフスタイルにマッチしていなければ、思うようには喜ばれません。
職人によって丁寧に仕上げられた陶器は、50代になったかつての上司に贈れば喜ばれますが、20代の部下にプレゼントしてもピンとこないかもしれません。
逆に20代の部下は、清らかな海で丹精込めて育てられた生食用の牡蠣を使ったかきフライを勤労感謝の日に贈られる方がうれしいでしょう。
さらに、果物のように世代を超えて喜ばれる品もあります。
それぞれの世代やライフスタイルに合わせて、一番マッチする「本物」を選びたいですね。
今回は「日本のいいもの」だけを取り扱う「にほんものストア」がセレクトした「本物」をご紹介します。

お世話になったかつての上司へのプレゼントには「職人の技」

新入社員だった20代の頃、仕事でミスをしてしまい上司に叱責された後、慰労を兼ねて学生時代には行けなかったような和食のお店に連れていかれた、なんて経験を持つ人も多いのでは。
お店では高級そうな器やグラスが使われていましたが、当時は緊張でそこに気が回ることはありませんでした。
でも今なら、あの時あのお店で使われていた器がどの産地でどの技術を使ってつくられたのかが、分かるでしょう。
かつての上司には、自分が見つけてきた陶器を勤労感謝の日にプレゼントすることで、感謝の気持ちと自分の成長を示す、なんてのも素敵ですよね。
気鋭の職人さんが創案した白磁「白妙磁(しろたえじ)」を用いた新しい時代の有田焼なんかは、自分らしいセンスを示すのにも最適です。
また、ガラス職人さんが作る世界にたった1つだけのグラスも、勤労感謝の日のプレゼントとして喜ばれるでしょう。
実直な上司には、南部鉄器の片口も似合いますよね。


「白妙磁湯呑」

内側と外側の色と質感のコントラストが目を惹く、白磁の湯呑。外側には絹織物のような不思議な光沢を持つ独自の白磁釉薬を使用し、内側には青白い光沢を持つ青白釉薬を施しています。手作業で作られており、表面に施された爪の模様には1 […]

もっと見る


「磁の片口」

ボディから注ぎ口へ続く、流れるような美しい曲線が特長の片口です。酒だけでなく、ドレッシングなどの調味料を入れたり、花器として植物や花を生けたりと、用途は多彩。美しいフォルムを活かして、オブジェとして飾るのもおすすめです。 […]

もっと見る


「鹿のこ豆Tグラス【D】」

ムッリーネというイタリアのガラス技法を使った、潮工房で活動するガラス工芸作家の江波冨士子さんによる作品です。「ムッリーネ」と呼ばれる様々な色や模様を閉じ込めた1本のガラス棒を金太郎飴状に薄くスライスし、そのガラス片の断面 […]

もっと見る


「レースSグラス【F】」

「レースSグラス」は繊細なレースガラスを使った、潮工房のガラス工芸作家・小西潮さんによるガラス作品で、手のひらに収まるかわいいサイズのグラスです。レースグラスはイタリアのヴェネチアングラスの技法の1つで、色ガラスの糸が寄 […]

もっと見る


「片口『弁柄』」

南部鉄器の老舗、鈴木盛久工房が作る片口です。内側部分の色違いを3色展開しており、こちらは『弁柄』という深い赤色。土から採れる酸化鉄が主成分であり、日本でも古くから使われてきた顔料の1つです。大地が生み出した赤色は独特の錆 […]

もっと見る

苦楽を共にしてきた仲間には、選び抜かれた食べ物をプレゼント

まだ新人だった頃に、仕事で辛いことがあると同僚の仲間同士で誘い合って、おいしいものを食べに行って元気を取り戻してきたのは、いい思い出です。
今はみんな責任のあるポジションについて、以前ほどは誘い合うことはなくなってしまいました。
でも、あの頃みんなで励まし合って辛い時期を乗り越えてきたから、今があると感じています。
その頃の感謝も込めて、同僚たちには昔みんなで食べたようなおいしいものを勤労感謝の日にプレゼントしたいですよね。
上質な材料でつくられた質のいい食べ物を贈ることで、感謝とともにあの頃より成長した姿も見せましょう。
老舗の茶園が届ける最上級の玉露や、日本の喫茶文化の源流ともいえるお店の銘茶詰合せは、テレワークが増えている今なら、仕事の合間の息抜きにもってこい。
自炊する機会も増えているという人も多いので、本枯節を贈ると、自宅の料理が今までとはひと味もふた味も変わり、一目置かれるかも。
かきフライやレモンケーキといった定番品も、厳選された原料と技術でつくると定番品だからこそこれまで食べた味わいとの違いが際立ちます。


「GI八女伝統本玉露 【極kiwami】 木箱入」

玉露栽培の長い歴史を持つ土地で、こだわりの茶を作り続ける星野製茶園。その中でも最上級の品質を誇る逸品が【極kiwami】です。茶品評会で入賞したものの中から特に優秀な玉露をさらに吟味し、手作業で丁寧に仕上げた八女伝統本玉 […]

もっと見る


「銘茶詰合せ(NSN-202)」

創業約180年の歴史を持つ宇治茶の老舗「放香堂」の銘茶詰合せです。放香堂の日本茶は、茶の審査技術において最高位である「茶審査技術十段」を取得している放香堂の茶師・酢田恭行さんが、茶葉の特長を見極めてブレンドしています。茶 […]

もっと見る


「本枯節(背)」

農林水産大臣賞も受賞した、知る人ぞ知る鰹節製造会社が作る最高品質の鰹節です。本枯節を作る際に鰹を3枚におろし、腹側と背側に分けるのですが、こちらは背側を使用した「雄節」になります。背側は腹側の「雌節」に比べ筋肉が多く、全 […]

もっと見る


「かなわかきフライ」

瀬戸内海最大の無人島・大黒神島周辺は、広島県から清浄海域に指定されている清らかな海。そこで収穫した生食用牡蠣を原料に使用したのが、「かなわかきフライ」です。牡蠣の潮味や旨みを味わっていただけるように衣に余分な味付けをせず […]

もっと見る


「瀬戸田レモンケーキ 島ごころ 10個入DP」

レモン尽くしの店の看板商品です。レモンケーキはポピュラーな菓子ですが、このレモンケーキはひと味もふた味も違います。その秘密は、店独自のレモンケーキ作り。レモンの香りは果皮に含まれているので、香り成分を逃さないように手作業 […]

もっと見る


「ありの実商品詰合せ」

「ありの実100%ジュース」は 梨屋 与佐ヱ門ならではの糖度の高い豊水梨だからこそ実現した逸品。さっぱりとした甘さと深いコクを兼ね備えた味わいを追及して仕上げた、100%ジュースです。「ありの実ゼリー」は冷やして、そのま […]

もっと見る

部下や後輩には気を遣わせ過ぎないように、カジュアルなプレゼント

30代になると、多くの後輩、部下ができ、日々指導に追われているという人も。
かつて上司から受けたような、厳しくも温かい指導を心掛けているでしょう。
たまには部下や後輩たちを慰労するためにおいしいものを食べに連れて行ってあげたいところですが、昨今の状況ではなかなか大人数で外食するのも難しい。
そんな時だからこそ、勤労感謝の日を理由に、カジュアルに甘いものなんかをプレゼントしてあげるのもいいかもしれません。
値段も手ごろなものにしておけば、お互い気を遣わずに済みますよね。
京都の老舗和菓子屋の定番「京ふうせん」は、仕事の合間にもみんなでつまみやすいので、勤労感謝の日にカジュアルにプレゼントしやすいですね。
茶の味わいを纏う大人の金平糖「エストレーラ 濃茶の金平糖」も、見た目も味も鮮烈なので、勤労感謝の日に先輩からのプレゼントとしてセンスを示すのにぴったり。
みかんジュレやレモンサイダーも、仕事の休憩時間にみんなでいただけるため、部下や後輩たちに対する、勤労感謝の日らしいさりげない気遣いになります。


「京ふうせん」

京都の老舗和菓子屋である末富の定番商品として人気を博している、彩り豊かな煎餅です。京都では、平安時代から女官の装束の合わせ仕立てに用いられた衣の表裏のきれを「かさねの色目」と言い、この色目で京都の季節を表現して楽しんでい […]

もっと見る


「エストレーラ 濃茶の金平糖」

京都の金平糖専門店、緑寿庵清水の「エストレーラ 濃茶の金平糖」は、日本の濃茶の風味豊かな自慢の金平糖です。この濃茶の金平糖には、上質な宇治の濃茶を使用。その濃厚で深い味わいと香りを1粒1粒に閉じ込めて結晶化させています。 […]

もっと見る


「果樹園のみかんジュレ9個セット」

濃厚な甘みと爽やかな後味が特長の和歌山県が誇るブランドみかん「有田みかん」のストレート果汁を70%以上使用し、寒天とこんにゃく粉で固めたゼリーです。有田みかんならではのコクのある甘みとプルンとした食感をお楽しみいただける […]

もっと見る


「レモンサイダー 6本入」

豊かなレモンの香りと弾ける炭酸との相性抜群な、本格的なレモンサイダーです。そのおいしさの秘密は、サイダーに使われているレモン果汁。看板商品のレモンケーキを作る際、レモン生果から手作業で果皮を切り分けています。ケーキにはこ […]

もっと見る


「ありの実コンフィチュール 4個セット」

梨の果汁を煮詰めて果肉を加えた、ありの実コンフィチュールの4個セットです。梨の中でも新高や王秋といった糖度が高く果肉のしっかりした品種を使用していて、サイコロ状にカットした果肉がたっぷりと入っているのが特長です。甘みは強 […]

もっと見る

勤労感謝の日に、両親にプレゼントしたい食べ物や手作りの調理器具

上司や同僚、部下といった職場の人間関係も大切ですが、自分の成長を一番見せたいのは、やはり両親に対して。
親元を離れて暮らしているため、昨今の情勢により、なかなか里帰りもできず両親とも会えていない、という人もいるかと思います。
勤労感謝の日に両親に何かプレゼントすると、きっと喜ばれますよ。
勤労感謝の日は、1年で最後となる国民の祝日。
国民の祝日に関する法律では「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。」と定められています。
「生産を祝い」というのは、その年の収穫を感謝する「新嘗祭」という行事が、勤労感謝の日の由来だから。
勤労感謝の日の由来も込めて、収穫された穀物で作られた食べ物やそれを調理する器具なんかを贈ると、自分の成長を両親に分かりやすく見せられるかもしれませんね。
歴史ある醤油蔵から届く、昔ながらの天然醸造を守ってつくられた醤油セットをプレゼントすると、喜ばれるでしょう。
10年もの間寝かせて熟成させた黒酢も、勤労感謝の日のプレゼントとしてマッチしますね。
ちょっと考えを変えて、職人によって丁寧に手作りされた調理器具、というのはいかがでしょう。
丹念に叩き締められ頑丈かつ美しく仕上がった鍋や、日本最高峰との呼び声も高い研ぎ師が仕上げた包丁をプレゼントするのも素敵です。


「にほんものストア 醤油セット(万能だし醤油・はつかり醤油・はつかり甘露醤油)」

歴史ある醤油蔵のこだわり醤油を、3本セットにしました。1つ目のはつかり醤油は、天然醸造の再仕込み醤油。良質な丸大豆と小麦を原料とし、木桶の中で計2年自然熟成させています。熟成期間が通常よりも長い再仕込み醤油ならではの香り […]

もっと見る


「十年熟成 天の調」

福山黒酢が誇る、最高級の黒酢です。黒酢は長期間熟成させることで、旨み成分であるアミノ酸が増し、芳醇な香りとまろやかな口当たりになります。壺の中の確認と手入れを毎日欠かさず行い、壺の中で10年もの間じっくり寝かせた黒酢は驚 […]

もっと見る


「姫野作. 本手打アルミ親子鍋」

姫野作.の3代目である姫野寿一さんが作った親子鍋です。親子鍋とは、親子丼やカツ丼などの丼物の調理に適した鍋のことです。1人分の具を作るのにちょうどよい大きさをしています。3mmの厚手のアルミを使用することで、料理もふっく […]

もっと見る


「三徳包丁(極上本霞研ぎ仕上げ)」

三徳包丁は、一般的な万能包丁です。肉、魚、野菜と幅広い用途でお使いいただけます。刃が薄いため、魚の固い骨に当たった際に刃こぼれすることがあり、魚をさばくことには不向きとなりますが、刺身を切るなどの切身に対しての使用は問題 […]

もっと見る

「本物」を知ることが、大人がギフトを選ぶコツ

これまでお世話になった大切な人たちへ、感謝の思いを込めて贈るのがギフトです。
でも、ギフトには、プレゼントする側のセンスも問われます。
勤労感謝の日には、勤労感謝の日らしいプレゼントをしたいですよね。
そのためには、まず「本物」を知ることがギフト選びに必要です。
食べ物でも、陶器でも、「本物」を贈ることで感謝の気持ちを伝えられたなら、思いはより深く相手の心に届くはずです。
日本の本物を作り続ける生産者とその商品を紹介する「にほんもの」で、自分らしい勤労感謝の日のプレゼントを探してみるのはいかがでしょうか。