NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

レストラン

  • 焼鳥 市松

    「焼鳥 市松」が提供するのは秋田の比内地鶏を使用した「鶏懐石」ともいえる個性的なコースのみ。店主の竹田氏が生み出す懐石料理のような焼鳥は、国内外のシェフも虜にするほど。鳥・串焼とのバランスを考えながら作る1品は季節に合わせた食材を使用しており、季節ごとに変化する創作料理の数々も楽しめる。「ミシュランガイド大阪」2019年、2020年で星1つ獲得。
    大阪府大阪市北区堂島1-5-1 エスパス北新地23・1F
  • Chi-Fu

    1947年に初代が西天満で創業。三代目の東浩司氏は、東京の有名店で研鑽を積み、2012年に「Chi-Fu(シーフ)」を開業。『Chinois-Fumé(中国の香気)』と『Chinois- Futurism(中国の未来形)』を合わせて「Chi-Fu」と名付けた。祖父や父から受け継いだ中国伝統料理を、枠にとらわれない斬新な料理法で新たなステージへと導く。
    大阪府大阪市北区西天満4-4-8 1F
    URL http://chi-fu.jp
  • 雲の上ホテル別館 マルシェゆすはら

    町内で採れた新鮮な農産物、出来立ての加工品、そして町自慢の工芸品などが賑やかに並ぶ梼原町のマルシェ。店内はまるで森のイメージで、1階から3階まで吹き抜けのスペースになっている。町内産の木を使った柱と、ウォールミラーが空間を演出し、さながら探検をする気分になれる。
    高知県高岡郡梼原町梼原1196−1
    URL http://y-marche.jp
  • 高知座屋

    座屋とは、土佐弁で「ゆっくりしていきや」「いざっていきや」の意味で、時間を気にせずにこだわりの料理や酒を楽しんでもらえるよう名付けられた。「おもてなしの心」を何よりも大事に、土佐ならではの食文化を大切にしつつ、独自の創作を施した和食料理を提供している。
    高知県高知市廿代町2番8号
    URL http://www.izariya.com/top_kochi.html
  • オーベルジュ 土佐山

    高知市内から約30分の自然に囲まれた宿泊施設。オーベルジュ土佐山は、ただ泊まるだけではなく、とびきりのごちそうに出会い、満ちた時に浸る場所として生活を忘れるひとときを提供している。料理やサービス、建築に至るまで全て地元、土佐山にこだわった地産地消の宿。
    高知県高知市土佐山東川661
    URL https://www.orienthotel.jp/tosayama/
  • acca

    メインシェフの林冬青さんが、東京・広尾の人気店を閉店して岡山県瀬戸内市に移住し、牛窓にオープンしたイタリアン。ほぼすべての食材が牛窓、瀬戸内、岡山県産で、地場の素材を深く理解したシェフが“一番美味しい”料理方法で提供。 林シェフは毎日牛窓の鮮魚店へ通い、瀬戸内海で水揚げされたばかりの魚介類を店頭で見てからメニューを決定している。
    701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓496 牛窓国際交流ヴィラ
  • ONOMICHI U2

    ONOMICHI U2は、古い倉庫内をリノベーションしたオシャレな複合施設。“まちの中のちいさなまち” をテーマに、サイクリスト以外の観光客も利用できるホテルや、瀬戸内の旬を味わえるレストラン、ベーカリーやカフェ、セレクトショップなどを併設。一人旅はもちろんグループ旅行にもおすすめの、多彩な楽しみが揃っている。
    広島県尾道市西御所町5-11
    URL https://onomichi-u2.com
  • 中華そば・冷麺 呉龍

    広島県呉市の今西通りという目抜き通り沿いにある呉冷麺の人気店。名物の冷麺は、薄い平打の麺が特徴的。スープはピリ辛で酸味もありさっぱりしている。ワンタン入り冷麺も人気。店内は10席ほどで営業時間も短く、常に満席のことが多い人気店。
    広島県呉市西中央5-10-20
  • 椎名桔平氏プロデュースの店「Kip’s」

    俳優の椎名桔平さんがプロデュースする「Kip’s」はヨーロッパの田舎町のような、どこか異国情緒漂う佇まいのカフェ。高い天井がもたらしてくれる開放感。モノトーンを基調としたシックな内装。随所に大人の美意識がちりばめられている。特に人気が高いのが地元の伊賀牛をぜいたくに使った「特製カレー」。カレーのなかにごろりと転がる柔らかな伊賀牛は、口の中でほろりととろけ、カレー目当てにカフェを訪れる人も少なくないという、本格派のカレー。
    三重県伊賀市上野東町2940-1