NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

お米の種をつくる「JAとなみ野 稲種センター」

お米の種をつくる
「JAとなみ野 稲種センター」

種もみの産地

富山県西部、砺波(となみ)市と南砺(なんと)市にまたがる、となみ野地域。米の生産が盛んで、目の前に広がる豊かな散居村の田園風景は気持ちがほっとなごむ。

「JAとなみ野の稲種センター」は、お米の種もみの栽培、研究、保存などをしている。そう、田植えをするための苗づくりに使うのが種もみ。
もともと、となみ野は富山でも有名な種もみの産地だ。
庄川扇状地の沖積砂壌土地帯にあり、朝と夕に吹く露切り風という風が、稲の葉や茎につく露を払ってくれて、病気や害虫から守ってくれることから、気候的にも最適な土地であった。

育まれた品種を厳選する

また昔から、多収で病気に強い新しい稲が発見されると、富山の薬売りが全国を行脚するなかで、「それでこちらの種ですがね」といって、薬とともに売り歩いていたという。

現在センターでは、より良い種もみを作るため、土づくりや種子消毒、異茎株抜取など細心の注意を払っている。
また、最新の種子プラントを有し、良質の種もみだけを厳選し、提供している。
歴史のなかで育まれてきた種もみを、最新の技術でさらに発展させていっているのである。

ACCESS

となみ野農業協同組合 稲種センター
富山県砺波市庄川町五ケ445-2
URL https://www.ja-tonamino.jp/