NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

思わず触れてみたくなる。ガラス作家小路口力恵さん

思わず触れてみたくなる。ガラス作家小路口力恵さん

BUY この生産者の商品を見る
富山と言えば「富山のくすり売り」。300年以上の歴史をもつ富山の薬文化を支えるように、富山市周辺では明治・大正時代にかけて薬を入れる為のガラス瓶の製造が盛んになり、その全国シェアはトップを誇った。そのような時代背景が豊かな資源を生み、ガラスの街へと発展を遂げてきた富山。ガラス作家を育成する研究所やガラス作家の制作を支援する工房など恵まれた環境を有し、世界でも有数のガラスの街といわれている。そんなガラスの街で、「やさしく、やわらかく、ここちよい。」まるで肌に触れ、身につける物のようなコンセプトをもつガラス作品を生み出す作家がいる。「小路口屋(しょうじぐちや)」の小路口力恵さんだ。小路口さんはこれまでに富山をはじめとする日本各地のほか、国際的にも多くの賞を受賞しているガラス作家である。彼女の生み出す作品の独特の優しい表情を見れば、誰もがそのコンセプトがガラスの為に用意されたことに納得するに違いない。

小路口さんが作品づくりで大事にしているのは五感の中の「視覚」「触覚」「聴覚」。吹きガラスのみで仕上げるのではなく、削り、磨くといった加工を施しながら、小路口さんの持つ独特の感覚で仕上げられていくガラスは、その作品制作の要となる「手で視る。」を体現しているようだ。ガラス職人たちがガラスを吹いている姿やその作業行程を見るのが好きだったという小路口さんは、ちょうど高校時代に富山ガラス造形研究所ができた事もあり、ガラスへの憧れが加速した。その当時は受験できるほどの知識や技術が無かったこともあり、まずは美術系の学校への進学をと富山美術工芸専門学校に入学した。そして専門学校を卒業するころに高校生時代に抱いたガラスへの憧れが再燃、ふと立ち寄った富山ガラス工房での作業風景を目にしたとたん「これをやりたい!」と富山ガラス造形研究所の受験を決めていたという。そこから1年間は猛勉強、無事高校生時の憧れをかなえ富山ガラス造形研究所への入学切符を手にしたのだ。振り返ってみると専門学校でのとある授業で椅子を作る課題で「木材をヤスリがけする時の手触り」の感覚が忘れられなかったという。手で触れ、手で視ながら創造することを求めてガラスという素材を選んだのはこの経験が影響しているのかもしれない。

小路口さんの「色のない作品」は独特のやわらかさと美しさを持つ。しかし最初から無色の作品を作っていたわけではないという。
「色付きのものでないとガラスはあまり売れない」
これは彼女がガラスの作品を商品として制作し始めた際に皆が当たり前のように持つ認識だった。初期には色付きの作品も制作したが、色が入ると形で遊べないことに気づいた。なかなか納得できる作品が出来ず、思い切って「色なしでやってみよう」と決心。
色なしのガラス作品を中心にした個展を開いてみると周囲の反応はとてもよかった。何よりも彼女自身が作っていて心地よく納得のいく作品だったのだ。それ以来、色はほとんど使わずに多くの作品を生み出してきた。

独特の重なりが美しい代表作の「ふくら」は、ガラスを吹くだけではなく削ることでその独特なニュアンスが生まれる。手で触れ、手で視て、手で感じながら作るこの作品は、ローマ賞展祭「北陸の工芸・現代ガラス工芸展」でシルヴィオ・ヴィータ賞を受賞した。また、小路口さんは1998年から現在までにオブジェやクラフトなどの数々のガラス作品で賞を獲得している。ものづくりがしたくてガラスを素材に選んだが、今はガラスという素材があるからこそ作品が創り出せるようになっていると彼女は言う。この先も「やさしく、やわらかく、ここちよい。」を体現するガラス作品を、富山から送り出してくれることだろう。

ACCESS

“小路口屋”硝子工房
富山県富山市古沢237-3
TEL 076-436-3131
URL https://shojiguchi-ya.com/