NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

ほんものの美味しさを発見 石川県・油谷製茶『加賀棒ほうじ茶』

ほんものの美味しさを発見 石川県・油谷製茶『加賀棒ほうじ茶』

金沢土産の定番のひとつが上品な味わいと香りで人気の「加賀棒茶」。そもそも上質な煎茶が一番茶の葉だけを使い、繊細に蒸して作られるのに対し、「番茶」「ほうじ茶」「茎茶」「棒茶」は、茎まで刈り込んで一気に強火で焙じて香りを立たせる。淹れ方も煎茶が低温で丁寧に抽出するのに対して、ドボドボと熱湯を注ぐだけ。価格も安く、手軽で、簡便。これらの茶が庶民的とされる理由といえるだろう。だが、「加賀棒茶」は別物だ。「加賀棒茶」は加賀藩が礎を築いた茶文化に端を発し、明治35年に金沢の茶商・林屋新兵衛が開発し、その後県内に多く普及したと言われている。一般的にほうじ茶は煎茶のために摘み取られたあとの残りの茶葉を利用することが多いのに対し、「加賀棒茶」は葉ではなく、上質な茎の部分を焙煎するのが特徴で煎茶に負けないブランド性を築いてきた。なかでも石川県羽咋郡(はくいぐん)にある油谷製茶の「加賀棒ほうじ茶」は、数ある加賀棒茶のなかでも別格の味わいを誇る。

油谷製茶の大正7年(1918年)。お茶の担ぎ売りから始まって、二代目を継いだ先代が製茶を始めたのが始まり。配合にこだわった自社の茶を百貨店の催事などで自ら淹れてお客様に飲んでもらい、ファンを獲得してきたのは現社長の油山祐仙さんである。原料の選別から焙煎・熟成に至るまですべての工程を自らの目で、舌で確かめ、その年に出来る最高の味にこだわっている。

「普通のほうじ茶は、葉と茎を一緒に焙じるんですが、うちは葉を取り除いて茎だけを焙じます」(油谷製茶・油谷祐仙社長)
飲んでみると、まったく雑味がなく、香りにも味わいにも奥行きがある。ガブガブ飲むのもいいが、ゆっくりと味わいたくなる逸品だ。

「茎茶というと、煎茶をとった残りだと思っていましたが、こんなに甘く豊かな味わいになるんですね」(中田英寿)

「甘みを引き出す秘訣は、高温で一気に熱することです。ガスバーナー3本を使って、250~300℃の熱で10分ほど焙じるんですが、1℃ちがうだけでも味が変わるので、季節によって温度は変えています」(油谷社長)
油谷製茶では、ペットボトルや粉末など、時代にあわせた商品開発も積極的に行っている。

「ペットボトル用は、より甘みを強調するように研究を重ねました。茶葉は自然のものですから、毎回同じ味というわけにはいかない。それでも同じような味を作るためにいろいろ工夫をしています。粉末は最近、菓子やアイスクリーム用などの注文が増えています。でもやっぱり基本はおいしくて、安心・安全なほうじ茶を作ることです」(油谷社長)

ブランドや歴史にあぐらをかくことなく、常に進化し続ける。日本茶の消費量が年々減っていくなかで、この会社が伸び続けている理由がわかった気がした。

ACCESS

有限会社 油谷製茶
石川県羽咋郡宝達志水町荻市チ52
URL 0767-29-2057