NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

“茶どころ”静岡の中でも最古のお茶の産地のひとつ 袋井市から発信する新たな日本茶文化 安間孝介さん

“茶どころ”静岡の中でも最古のお茶の産地のひとつ 袋井市から発信する新たな日本茶文化 安間孝介さん

BUY この生産者の商品を見る
高校の国語教師からウェブライターに転身し、結婚を機に妻の実家の家業を継いで茶の道へ。
「妻は中学時代の同級生なんです。もともと二人とも地元の出身なので、僕自身も茶畑に囲まれて育ちました。とはいえお茶はペットボトルくらいしか飲んだことがなかった(笑)。妻が淹れてくれたお茶を飲んだときにすごく驚いて、これをもっと多くの人に体験してもらいたいと思ったんです。もちろん最初は茶農家としてやっていけるだけの技術も知識もまったくなかったので、まずは静岡県立農林大学校で勉強してから就農しました」(安間製茶代表・安間孝介さん)

静岡といえば、牧之原台地に広がる大規模な茶畑を想像する人が多いと思うが、安間製茶があるのは袋井市。静岡県の南西部に位置し、太田川とその支流の原野谷川が形成した平野と、南東部と北東部に分布する丘陵からなる。全国有数のメロンの産地でも有名だが、山間の丘陵地では戦前から茶の栽培もおこなわれてきた。静岡県内で最も古いお茶の産地のひとつとも言われている。安間製茶は昭和21年に初代である安間五兵衛が創業し、孝介さんで3代目となる。決して規模は大きくないが、栽培から加工、販売まで、家族で行う創業70年を超える老舗だ。

家の目の前に茶畑が広がり、製茶工場も敷地内にある。呼吸をするたび、茶の爽やかな香りが鼻をくすぐるような錯覚を覚える。
「茶摘みをやってみますか?」
そんな安間さんの誘いに乗って、中田が初めて茶摘み用のトラクターにのる。
「これは気持ちがいいなあ。少し高いところから見る茶畑もきれいですね」(中田)
ひと仕事終えたら、もちろん一服。やさしい味わいで体に染み込む。

安間製茶のお茶はさまざまなコンテストで受賞してきたが、通常の緑茶に加え白葉茶(はくようちゃ)の生産も行っている。「白葉茶」とは、特定のタイミングで99.99%以上の遮光率で茶畑を被覆してできるお茶のこと。そうすることで葉が白くなりアミノ酸の含有量が一般的な煎茶に比べ3倍、高級茶で知られる「玉露」と比べても、約2倍にまで高まる。また、苦味成分であるカテキンは大幅に減少するため、濃厚な旨味とさわやかな甘みがあるのが特長だ。栽培・製造が難しく手間もかかる為作り手も少なく、希少性の高いお茶である。安間さんはこの白葉茶の研究発表では農林水産大臣賞も受賞している。

「僕のようにお茶の本当の味を知らないで育っている若者も多いと思います。そういう人達にどうやって魅力を知ってもらえるか考えるのがこれからの自分の役割だと思っています」(安間さん)

パッケージに工夫したり、オリジナルの急須を作ったり、安間さんはさまざまなチャレンジを行ってきた。急須では、同じ袋井市にある瓦工事店で独自開発した瓦製の食器製造・販売も行う株式会社瓦粋との共同開発で、瓦素材を使用することでお茶の苦味を極限まで取り除き、旨み・甘みを大幅にアップさせる機能を持たせた「粋月」を完成させた。コンセプトは「機能を追求した新しい価値の提供」である。新しいことに挑戦していくことでお茶という文化を後の世代に伝えていきたい。さまざまな職業をたどってきた経験がここにきて活きているようだ。

ACCESS

安間製茶
静岡県袋井市豊沢491-30
TEL 0538-88-8893
URL http://www.ammaseicha.com/