NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

国内にはここにしかない希少な品種をあつかう「ふくどめ小牧場」

国内にはここにしかない希少な品種をあつかう「ふくどめ小牧場」

BUY この生産者の商品を見る
鹿児島県大隅半島の中心にある鹿屋市は北部には高隈山系が連なり、西側は錦江湾が広がる。年間の平均気温17℃という温暖な気候と豊かな自然を活かした農業・畜産が盛んな場所。黒豚やブロイラー等が特産品である。
鹿児島で豚といえば黒豚を連想する人が多いだろうが、実はそれだけではない。鹿屋市の山奥自然豊かな場所にあるふくどめ小牧場で飼育されているのはサドルバックという品種。イギリス発祥イタリア生まれの品種で、脂身が多いのが特徴。ヨーロッパでは「幻の豚」と呼ばれその存在は世界的にも希少。日本では唯一ここだけで飼育されている希少豚だ。通常の豚の場合は6か月ほどで出荷されるが、ふくどめ小牧場のサドルバックは8か月とゆっくり時間をかけて育てている。そうすることでこの種本来の魅力がしっかり引き立つのだそうだ。これまで市場では脂身が多いとそれだけ製品の出来高がよくないと見なされ、サドルバックは低く評価されていたが、その脂身にある旨味に注目した福留さんは育て方を工夫する事で頼れる品種になると確信した。ドイツからの輸入は叶わなかったもののアメリカの大学で品種の保存のために飼育していることを知り、話し合いの末、5頭を輸入、本格的な飼育をスタートさせ、「純粋サドルバック」と命名した。
「サドルバックは成長が遅いのも特徴で、だからこそじっくり時間をかけて、丁寧に育てることで、より良質な脂身を持った豚に育ってくれるんです。ここでは、サドルバックとオリジナル品種の幸福豚を飼育していますが、いずれの飼料もオリジナルで配合しています。何を与えて、どういうふうに育っているかを自分たちですべて管理しています」(ふくどめ小牧場・福留俊明さん)
家族で営むふくどめ小牧場では飼育、加工、販売、流通全てを一箇所で行っており、国家資格「マイスター」を取得している俊明さんの弟・洋一さんは21歳からドイツで10年間ヨーロッパ各地の加工技術を習得。ソーセージや生ハムなどの加工を担当している。ハムやソーセージに合わせてスパイスを独自にブレンドし、専用のミックス香辛料に仕上げている。どのハム・ソーセージも思わずため息が漏れてしまう美味しさ。牧場に併設する棟には販売スペースとカフェがあり、販売は妹の智子さんが担当している。そのショーケースに並ぶハムやベーコンなどの加工品はどれも絶品。
「脂の旨味はしっかり感じますが、サッと溶けてさっぱりとしていますね。このレバーパテもおいしいですね」(中田英寿)
モットーは「まっすぐ、丁寧に、手間ひまをかけて」。小さな牧場だからこそ、できることがある。福留家は規模を大きくする考えはないとのこと。「飼育から販売まで一貫して行っていると豚の命のありがたさが実感できます」と洋一さんは話している。放牧されている豚たちもどこか幸せな表情に見えた。

ACCESS

ふくどめ小牧場
〒893-0044 鹿児島県鹿屋市獅子目町81−1
TEL 0994-48-2324
URL https://fukudomesmallfarm.com/