NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

中田英寿×芳ばしい香りを引き立たせる焙煎の匠/油谷製茶

中田英寿×芳ばしい香りを引き立たせる焙煎の匠/油谷製茶

江戸時代から茶文化が受け継がれてきた石川には、仕入れたお茶を葉と茎に分けていき、
茎のみを使った”棒ほうじ茶”と呼ばれるお茶がある。大正7年(1918年)、お茶の担ぎ売りから始まった油谷製茶は、気温、湿度、葉の状態を見極めながら火力を調整し、茎の芯まで焙煎することでより香織豊でコクのある棒ほうじ茶を提供、幅広い年代の方に高く評価をされている。