NIHONMONO「にほん」の「ほんもの」を巡る旅マガジン

伝統から革新まで、さまざまなオーダーに応える技術を伝える田島硝子

伝統から革新まで、さまざまなオーダーに
応える技術を伝える田島硝子

昭和30年代には東京に50軒以上のガラス工場があったというが、安価な輸入物におされ、現在は昔ながらの吹きガラスの工場は3軒しか残っていないという。1956年、昭和31年に創業した江戸川区の田島硝子(株)は、そのなかでももっとも“若い”ガラス工場だ。

「番頭だった祖父が独立して開業しました。最初は工場を借りてスタートしたそうです。昔はガラスづくりには石炭が欠かせず、そのため運搬に便利だった川沿いに多くの工場がつくられたようです」(田島硝子(株)・田嶌大輔社長)
工場を訪ねると、昔ながらの窯に向って多くの職人が汗を流しながらガラスを吹いている。伝統の江戸切子も作り続けられているが、この田島硝子(株)を一躍有名にしたのは、富士山をかたどった「富士山シリーズ」。ビールグラス、日本酒用の盃、ロックグラスなどは、外国人の土産物としても人気が高いという。
「富士山が世界遺産に登録されたときに、ホテルからの依頼で作ったのがきっかけでした。最初はビールグラスを作り、ヒットしたのでシリーズ化しました。おかげさまで生産が間に合わないくらいの状態になっています」

ショールームには、昔ながらの江戸切子からオーダーメイドの商品など、さまざまなグラスが並んでいる。幅広いオーダーにこたえられるのがこの田島硝子(株)の底力だ。
「現代の大量生産の技術では不可能なことでも、職人の技術があれば実現できたりする。ガラスにとっては厳しい時代ですが、この技術は守っていかなければならないと思っています」
ガラスならではの美しさを作り上げるのは、伝統の技術。富士山シリーズのような新しいアイデアがその技術を未来へとつなげていくのだろう。

ACCESS

田島硝子株式会社
東京都江戸川区松江4-18-8
URL https://www.tajimaglass.com/